韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  トランプ来韓、日本との比較ばかりで国益は守れるのか

トランプ来韓、日本との比較ばかりで国益は守れるのか

「失敗した首脳会談はない」――。韓国訪問を終え、中国へと発ったトランプ米大統領を眺めつつ浮かんだ外交の俗説だ。首脳会談は分単位、秒単位の日程まで調整を重ねる。会談で取り上げる議題と発言のレベル、表現もだいたい事前に話し合っておくのが外交慣例だ。サプライズ日程、即席の合意は首脳会談の劇的効果を高めるための政治にすぎない。事前に公表されなかったというだけであって、予定になかったことが起きるケースはほとんどない。

そうした観点からみて、25時間余りのトランプ大統領の訪韓は、韓米間で細かく調整された外交イベントだった。トランプ大統領の訪韓は12日に及ぶアジア歴訪の一環だった。日本を皮切りに韓国、中国を訪れるという順序だ。米メディアによると、トランプ大統領にとって最も気楽な訪問先は日本であり、重要度が最も高いのは中国だ。ただ、韓国が「最も難しい会談になる」と予想する専門家もかなりいた。キャンベル元米国務次官補が代表例だ。

しかし、今回の韓米首脳会談は困難な問題を話し合うには絶対的に時間が不足していた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領による会談時間は合計しても55分だった。単独会談が25分、閣僚と補佐官が同席した拡大会談が30分だった。大統領府(青瓦台)の敷地を散策した5分余りを含めても、両首脳が本格的な対話を行った時間は1時間ほどだった。その結果なのか、韓米首脳会談の最大の懸案だった北朝鮮の核問題について示されたアプローチは、既存の立場を再確認する水準にとどまった。





朝鮮日報は、韓国政府関係者は、トランプ大統領の訪韓を控え、日本と比較されることに神経質になっていたとし、「日本ではこうだったのに」といった比較は国益に全くつながらないばかりか、自ら自国を卑下することになるとの論理だと報じている。文在寅政権に限った話ではない。歴代政権でも似たような話は多い。米国の韓国専門家も「韓国はなぜ日本、韓国の首脳とどこで何時間、何をしたか」を基準にして、それよりも格上の待遇を要求し、形式にばかりこだわるのかと指摘する。その通りだ。トランプ大統領の訪韓がその前の訪日、後に続く訪中と比べ、形式ではなく内実を重視したかどうか問わざるを得ない。寝る間以外、2泊3日の日程を共に過ごしたトランプ大統領と安倍首相による密談、会談の末に出てきた言葉は、北朝鮮の核問題で「米日が100%共にあることを力強く確認した」というものだった。

中国の習近平国家主席は、トランプ大統領の訪中初日、「歴史旅行」へと招いた。紫禁城にある三希堂と建福宮で両首脳は4時間近く共に過ごした。トランプ大統領は今年4月、自身が保有するフロリダ州のリゾートで習主席と5時間にわたり密談を交わした後、「韓国は(歴史的に)事実上中国の一部だった」と発言した。トランプ大統領以外に建福宮で中国の歓待を受けた米政府首脳としてはキッシンジャー元国務長官がいる。キッシンジャー氏は北朝鮮の核問題に対するアプローチで「米中間の大胆な密約」を主張するトランプ大統領の外交の師だ。トランプ大統領の訪韓が支障なく終わったことに一息ついているわけにもいかない。韓国メディアは、ここ数カ月反日記事は影を潜め、真面な記事がない。如何に反日記事だけであったかが見て取れる。これでは、自国政府もメディアも成長はない。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月09日 10:38 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp