韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「韓米同盟はインド・太平洋ライン編入の必要なし」

「韓米同盟はインド・太平洋ライン編入の必要なし」

金顕哲(キム・ヒョンチョル)青瓦台(チョンワデ、大統領府)経済補佐官が9日(現地時刻)、韓米首脳会談で議論された「インド・太平洋ライン」に「編入される必要がない」と話した。 金補佐官はこの日、インドネシア・ジャカルタ現地記者会見で「日本がインド・パシフィック(India-Pacific)ラインだとして日本・オーストラリア・インド・米国をつなげる、そのような外交的ラインを構築しようとするが、韓国はそこに編入される必要がない」とし「韓国はそのような対決構図ではなく、この部分の戦略的な要衝地を戦略的に活用しなければならない」と話した。

この発言は前日夜、韓米両国が合意して発表した「韓米共同メディア発表文」ともかけ離れている。発表文には「トランプ大統領は相互信頼と自由・民主主義・人権・法治など共同の価値に基づいた韓米同盟がインド、太平洋地域の安保、安定と繁栄のための核心軸であることを強調した」と記されている。たとえトランプ大統領が話した形式になっているとしても、韓国の同意、または黙認がなかったとすれば盛り込むことのできない表現だ。発表文に限ってみると、韓米同盟がインド・太平洋ラインの一つの軸だと韓国政府も認識したと解釈するほかはないという意味だ。

金補佐官の発言が発表文と異なる主張をしたという指摘が出る理由だ。しかも、外交安保分野でない経済補佐官が外交安保の事案を断定的に言及したのも問題という批判も出ている。 青瓦台高位関係者はこれに関して「前日の発表文は両国首脳の合意文の性格でなく、両国首脳が強調(highlight)したという意味をこめている」と主張した。引き続き「金補佐官がどのような意図で発言をしたのかはもう少し詳細に検討する必要がある」と話した。





「インド・太平洋」という概念は既存の「アジア・太平洋」という概念を代える意味で、事実上中国を包囲する意図を内包している。米国当局者が数週間前から集中的に取り上げてきた。アジア訪問の途についたトランプ大統領が安倍晋三首相との首脳会談に続き、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との首脳会談でも同じ表現を使った。

青瓦台のもう一人の高位関係者は一部で「インド・太平洋の強調は日本の意図が反映されたもの」という主張を念頭に置いたように、「日本が狙うのは明らかに中国に対する孤立作戦」としながら「文大統領が韓日米3国の軍事同盟については不可だという立場を明らかにしたため、経済も(インド・太平洋ラインへの編入はないというのは)同じ」と主張した。
http://japanese.joins.com/

日本からすれば韓国は必要がない。トランプからすれば約束を破ったと言うことになる。中央日報は、青瓦台の高位関係者は一部で「インド・太平洋の強調は日本の意図が反映されたもの」という主張を念頭に置いたように、「日本が狙うのは明らかに中国に対する孤立作戦」としながら「文大統領が韓日米3国の軍事同盟については不可だという立場を明らかにしたため、経済も(インド・太平洋ラインへの編入はないというのは)同じ」と主張したと報じている。トランプが韓国に対して大きな指摘をしなかった部分だ。あえてしないで平静を保ち、中国に向かったわけである。

日米からすれば、韓国は中国に寄り添った時点で無理となる。立ち位置としては情報を中国に漏らす敵国である。独自包囲網を形成するにあたり、米国軍力の低下をオーストラリア・インドで補うわけで、インドネシアやフィリピンも加わるだろう。但し主導は4カ国で実施することになる。韓国は墓穴を掘ったわけで、またトランプに怒りのネタを与える事になる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月09日 17:29 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
アジア圏の色分け
韓国はAIIB協賛だから、中国グループ。
東アジア圏のグループ分けがはっきりした。
韓国を除く、日本台湾からインドまでと米豪の
第1グループと、中国・韓国・パキスタンの
第2グループ。さらに単独存在なロシア。
これはガチガチの拮抗構造ではなくて、
依存関係があって外交変数が複雑です。

外交・交易と防衛を分離した韓国が一番不安定
じゃないですか。米国の対韓方針、これがまだ
はっきりしない。
[ 2017/11/10 09:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp