韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ドイツ車でまた排ガスデータ改ざん発覚、課徴金608億円

ドイツ車でまた排ガスデータ改ざん発覚、課徴金608億円

BMWコリア、メルセデス・ベンツコリア、ポルシェコリアなどドイツ系自動車メーカー3社が排気ガス、騒音関連の認証書類を改ざんしたり、韓国政府の認証を受ける際に明示した部品とは異なる部品を使用した自動車を販売したりしていた事実が9日までに明るみに出た。韓国環境部(省に相当)が明らかにしたもので、2015年から16年にかけ問題となったフォルクスワーゲンの排気ガスデータ改ざん事件に続く輸入車の大がかりな不正が発覚した格好だ。

環境部は同日、韓国に輸入されたBMW28車種、約8万台に対し、認証取り消しと販売停止の処分を下すとともに、608億ウォン(約61億6000万円)の課徴金を課すと発表した。ベンツ、ポルシェの輸入業者に対しても、それぞれ78億ウォン、17億ウォンの課徴金処分を下す。今後環境部による欠陥確認検査でこれら車両が基準を上回る大気汚染物質を排出していることが確認されれば、大規模なリコール(回収・無償修理)につながることが予想される。

BMWは2012年から15年にかけ、韓国に輸入した28車種、8万1483台に関する排気ガス試験成績書が改ざんされていることが判明。1社当たりでは過去最高額の課徴金処分を受けることになった。28車種のうち現在も販売されている7車種については、今月中に販売停止処分を下す。このほか、BMWの11車種、7781台とベンツの21車種、8246台、ポルシェの5車種、787台は認証とは異なる部品を使用した車両を販売していたことが判明した。





環境部は輸入業者3社の14人を不正輸入など関税法違反の疑いで検察に告発した。
http://www.chosunonline.com/

今年1月に韓国環境省は、日産自動車、独BMW、独ポルシェの各韓国法人が販売する10車種について認証書類の偽造が確認されたと発表している。同省は大気環境保全法に違反したとして、10車種の認証取り消しと課徴金の支払いを3法人に命じた。同省は認証書類偽造の疑いで日産自動車の韓国法人、韓国日産を検察に告発した。 認証が取り消された韓国日産の自動車は、「インフィニティQ50」と「キャシュカイ」の2車種。2015年11月に認証され、これまで計3100台余りが販売された。韓国環境省は2車種に対し、32億ウォン(約3億1千万円)の課徴金を科した。

一方で東亜日報は、環境部は9日、大気環境保全法の排出ガス認定の規定を違反したBMWコリア(株)とメルセデスベンツコリア(株)、ポルシェコリア(株)の車両65種(国内販売台数は9万8297台)の販売を中止し、それぞれの会社に608億ウォン、78億ウォン、17億ウォンの課徴金を科すと明らかにしたと報じた。BMWに下した課徴金608億ウォンは、単一メーカーの環境課徴金としては最大金額であると報じている。BMW「528i xDrive」など、2012~2015年に認証を受けて国内で販売された28種が排出ガス認定機関に出す試験成績書を故意に改ざんしたことが分かったとしている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月10日 11:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
自動車メーカーより韓国自体が怪しい
韓国がドイツ3社が排ガス、騒音関連書類の改ざんしたとしているが、現代、起亜なんてこんなレベルで無いだろう。
第一、韓国以外でこんな事が起きていない。
結局、問題は現代、起亜が世界中で売上が落ちている事に対する嫌がらせでは無いのか?
だとしたら現代、起亜の致命傷となるだろう。
[ 2017/11/10 18:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp