韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相がトランプ、プーチン両氏の「橋渡し役」?

安倍首相がトランプ、プーチン両氏の「橋渡し役」?

北朝鮮情勢が緊迫するなか、ベトナム・ダナンでのAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議に合わせた接触が注目されていた、ドナルド・トランプ米大統領と、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との首脳会談が見送りとなった。安倍晋三首相とプーチン氏による日露首脳会談は同日開かれており、トランプ、プーチン両氏の「橋渡し役」として、安倍首相の存在感が高まりそうだ。

サラ・サンダース米大統領報道官は10日、APEC首脳会議の期間中、トランプ、プーチン両氏が正式会談する予定はないことを、同行記者団に明らかにした。 今月のアジア歴訪で、トランプ氏は日中韓の首脳と会談を行い、北朝鮮情勢について話し合った。北朝鮮に融和的姿勢を見せるプーチン氏との首脳会談も調整中だったが、実現しなかった。 こうしたなか、安倍首相による米露首脳の橋渡しが注目されている。トランプ氏との盟友関係とともに、プーチン氏とも「シンゾー」「ウラジーミル」と呼び合う仲で、過去にも米露関係を取り持ったことがある。

プーチン氏との会談後、安倍首相は「北朝鮮については相当突っ込んだ議論をした」と記者団に説明した。安倍首相とトランプ氏は、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議(10~14日)が行われるフィリピンでも対話することが想定される。 今後も、北朝鮮問題のキーマンの動向から目が離せそうにない。
http://www.zakzak.co.jp/





プーチン露大統領との会談は今回で20回目となるが、お互いに胸襟を開いて相当突っ込んだ議論を行うことができた。北朝鮮の問題については先般の国連安全保障理事会の制裁決議を厳格に履行していくことを確認し、引き続き緊密に連携していくことで一致した。

平和条約交渉について前進をみることができた。四島の共同経済活動は先月の現地調査を踏まえ、5分野のプロジェクトを来春に向け具体化できるよう、検討を加速させることで一致した。そのための人の移動の法的な枠組みを検討するため、年内に作業部会を開催し、来年早々に次官級で協議を行うことで合意した。 また、(9月に実施した)元島民の航空機による墓参については来年も継続していくことで一致した。来年5月の露サンクトペテルブルク訪問に向け、(昨年12月の)長門合意を着実に前進させていく考えだ。四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結していくために一歩一歩着実に前進していきたいとした。

毎日新聞は、会談は約65分間行われた。約50分間の全体会合に続き、両首脳が通訳だけを同席させて平和条約交渉に関し約15分間協議し、プーチン氏は会談冒頭、「政治対話も活発化していて、経済分野での協力も発展している」と呼びかけ、首相は「今後、平和条約(の締結)に向けて着実に前進していきたい」と応じたと伝えている。

トランプとプーチンが今回短いながら何を話したのかはわからない。北朝鮮攻撃においてロシアと協力するレベルでの話ではないだろう。一方平和交渉は安倍総理の政権下で、何とか道筋合意までこぎつけたい。安倍総理以外では無理だ。安倍総理にとって最後のチャンスとなる。ロシアと安全協定を結ぶ意味合いは大きい。したたかなプーチンを説得できるとは考えにくい面もあるが、安倍総理には力を振り絞ってもらいたい…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月12日 12:43 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp