韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領と李克強中国首相「早期に正常軌道に回帰できるよう最善尽くす」

文大統領と李克強中国首相「早期に正常軌道に回帰できるよう最善尽くす」

「東南アジア諸国連合(ASEAN)+3首脳会議」と東アジア首脳会議(EAS)に出席するために、フィリピン・マニラを訪問した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、マニラ市内のソフィテルホテルで中国の李克強首相と会談し、両国間の交流協力が早期に正常軌道に回帰できるよう、最善を尽くすことで合意した。

李克強首相と向かい合った文大統領は「THAAD(高高度防衛ミサイル)問題で低迷していた韓中関係により、韓国の多くの企業が困難を経験してきた」とし、韓国企業の困難が解消され、両国間の経済・文化・観光交流が活性化できるよう、李首相の関心と協力を要請した。文大統領は特に、経済分野における高官級協議の迅速な再開と共に、中国内の韓国企業が生産したバッテリーに対する補助金除外の撤回、韓国産製品に対する反ダンピング輸入規制の撤回などについて、具体的に言及した。文大統領はまた、「両国に開設されたウォン-人民元の直取引市場の発展と両国の金融協力の加速化、粒子状物質(PM2.5)に対する両国の共同対応なども提案した」と、大統領府のユン・ヨンチャン国民疎通首席が伝えた。

李首相は、バッテリーについて中国消費者たちの関心と安全問題などについて留意をしなければならないと言及し、反ダンピング関税の撤廃要求については「WTO(世界貿易機構)の規定によって処理する」と答えた。李首相はさらに「中韓関係の発展に伴い、一部の具体的で敏感な問題を避けることは難しいかもしれないが、中韓間の実質協力の見通しはとても明るい」とし、「中韓両国は相互補完性が強く、中韓関係の未来は楽観できる」と述べた。さらに、李首相は「新しい地平が開けるだろう」と強調した。文大統領の要求に明確に答えなかったものの、今後、韓中間の経済・社会・文化の全分野で関係正常化の可能性があるというメッセージを明確にしたと言える。





文大統領は同日の会談の冒頭発言で「中国古典で『花が一輪咲いただけではまだ春とは言えない。色とりどりの花が共に咲いてこそ真の春』という文章を読んだことがある」とし、「本日、首相との会談が多様かつ実質的な協力の花を咲かせられる肥沃な土壌を作っていくきっかけになることを望んでいる」と切り出した。文大統領はさらに「これを通じて早期に両国間の政治や経済、文化観光、人的交流などすべての分野の交流協力が色とりどりの花を咲かせ、両国国民が韓中関係が真の春を迎えたことを肌で感じられるよう、共に努力することを願って止まない」とし、韓中関係の完全な復元に向けた中国政府の実質的処置に対する期待感を示した。
http://japan.hani.co.kr/

日テレNEWS24は、中韓関係はアメリカ軍の迎撃ミサイルシステム(=THAAD)の韓国への配備を巡り関係が悪化。中国が反発し、中国で活動する韓国系の大手スーパーが閉店に追い込まれるなどの報復措置がとられたが、文大統領はこうした韓国企業の困難が解消されるよう要請したと報じた。李首相は「一部の具体的かつ鋭敏な問題を避けることは難しい」としながらも「中韓関係の展望は明るい」と述べている。

さらに「中韓関係は紆余(うよ)曲折を経たが、寒い冬が過ぎて暖かい春を迎えることができるようになった」とし、関係改善の方針を確認した。両首脳はまた北朝鮮の核・ミサイル開発の問題については平和的に解決する原則を再確認した。両政府は先月関係改善にむけて合意し、今月11日には文大統領と習近平主席の会談でその方針が確認されていた。一方で産経ニュースは、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備問題で「習氏は中国の立場を繰り返し、韓国に責任ある態度を求めた」と報じた。THAADは「議題にならない」との韓国側の予想を裏切り、文氏は「中国を狙ったものではない」と改めて釈明を迫られたという。

日本海で実施中の米原子力空母3隻との訓練で、韓国側が日本の海上自衛隊との共同訓練を拒否したわけで、文政権が表明した「日米韓は軍事同盟に発展しない」といった“約束”に引きずられ、日米より中国に寄り添っているのは事実。中国は韓国を利用するだろう。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月14日 09:35 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp