韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓米FTAの毒素条項のため米国産欠陥車リコールできず

韓米FTAの毒素条項のため米国産欠陥車リコールできず

韓米自由貿易協定(FTA)の毒素条項のために、政府が米国産輸入車に運転者と搭乗者の安全を脅かす重大な欠陥を見つけてもリコール措置を取ることができないものと確認された。 国土交通部は8月に韓国GMが米国から輸入し販売する車両「インパラ」のタイヤに欠陥を見つけ、米道路交通安全局(NHTSA)に対して米国の安全基準に符合しているかどうかの有権解釈を依頼したと、10日明らかにした。これに先立ち国土部は自動車安全研究院とともにインパラに対する安全検査を進行する中で、タイヤの横の部分に隙間が生じる現象を見つけ、韓国GMに問題提起をした。

しかし韓国GMは「調査対象となったサンプルタイヤでのみ発生した問題」として、これを受け入れなかった。国内基準だけを適用するなら国土部がリコールなどの措置に乗り出すことができるが、韓米FTAの規定に従って、この事案が米国の安全基準に符合するか否かの確認を要請したわけだ。韓米FTAの自動車関連規定は、韓国の安全基準を満たすことができない自動車であっても米国の安全基準を満たしていれば、企業当たり2万5千台まで輸入することができるようにクォーターが設定されている。国土部側は「まだ米国側から回答が来ていない」と述べた。

専門家は自動車安全関連基準は道路・交通環境や自然環境などによって各国の状況に合うように設定されるのが当然なのに、車両が運行される国家の基準ではない輸出国の安全基準が適用されるのは問題があると指摘する。大邱大学のキム・ヤンヒ教授(経済学)は「この問題は国民の安全と関連することであって、通商利害関係の物差しで計ってはならない」と話した。





このような状況であるにもかかわらず、米国では7月に商務長官が「米国の基準に符合する自動車のうち(韓国輸出が)許容されるのは2万5千台だけで、米国自動車企業の韓国市場アプローチに妨害となっている」と声を高めた。韓米FTA改訂交渉でも難航が予想される。
http://japan.hani.co.kr/

タイヤの横の部分に隙間が生じる現象というが、どんな現象なのかと言う事だろう。人命にかかわる問題で韓米FTAだからリコールできないということは無い。欠陥ならばリコールだろう。各国の安全基準問題は、車の強度やco2排出基準などなど…となる。日米の自動車の安全基準は、それぞれの国が、交通事故の発生状況などに応じて定めている。例えば、日本では米国と比べて歩行者の死亡事故が多く、歩行者の安全を守るための規制を厳しくしている。 日米とも車体前面すべてを壁に衝突させるテストを行っている。さらに日本では、前面の左右どちらかを衝突させる検査も実施している。道路が狭く、対向車とぶつかる事故が多いためだ。

自動車部品の安全基準で、日本の車は、ボンネットにぶつかった歩行者への衝撃が一定以上に大きくならないよう、車体を軟らかく造っている。 日本の方が安全基準が厳しいのかについては、一概には言えない。日本と欧州は132の規則について安全基準を共通化している。一方、米国は独自の安全基準が多く、日欧と米国との間では15規則しか共通化されていない。とはいえ記事の欠陥と掲載すれば、欠陥はリコールだろう。安全基準と欠陥は次元が違う。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月14日 10:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp