韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国航空2社、THAADで7-9月期業績後退

韓国航空2社、THAADで7-9月期業績後退

終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題による中国の制裁で、韓国航空大手2社の7-9月期の業績が大幅に後退した。
大韓航空が14日発表した7-9月期決算は、売上高が前年同期比3.1%増の3兆2139億ウォン(3,300億円)、営業利益が22.7%減の3555億ウォンだった。大韓航空はTHAAD配備に伴う中国の韓流禁止令や北朝鮮の核問題などで韓国への旅行需要が低下したことを営業利益減少の要因として挙げた。

旅客実績が東南アジア線で14%、米州線で2%増えたが、中国線で19%、日本線で11%減少した。一方、スマートフォンや半導体などIT関連の貨物需要が旺盛で、貨物輸送は10%伸びた。 アシアナ航空の7-9月期決算は、売上高が4.8%増の1兆6308億ウォン、営業利益が21.6%減の1189億ウォンだった。大韓航空と同様、THAADの影響で旅客数が減り、貨物取扱量は増えた。

大韓航空関係者は「秋夕(中秋節)の連休が今年は10月にあり、7-9月期の業績が伸び悩んだ側面もある。10-12月期は韓中関係も雪解けに向かい、業績が改善すると期待している」と述べた。
http://www.chosunonline.com/





高高度防衛ミサイル(THAAD)配備への報復で中国内の韓流コンテンツ流通が制限された中、日本コンテンツの人気が高まっている。日本経済新聞は、裕福な親の世代のおかげで消費力がある10・20代の中国の若者が日本のゲームやアニメに惜しまず財布を開いていると伝えている。 中国浙江省杭州で5月26日から6日間開かれた「国際アニメ祭り」には100万人以上が訪問し、関連商品の購入などに20億元(約325億円)を使った。

この行事で目を引いたのは日本のアニメだった。行事場所の日本アニメ特設舞台では参加者が音楽に合わせて踊り、日本アニメキャラクターに扮装した参加者が目立ったと、同紙は伝えた。 同名の日本漫画を原作として昨年秋に発売されたモバイルゲーム「陰陽師」は、中国での日本文化人気を見せる事例だ。「陰陽師」は昨年10月から12月までの3カ月間、中国だけで800万件のダウンロードを記録するなど大ヒットした。この期間、ゲームアイテム購入などによる収益は150億円に達した。

このゲームを開発した中国企業の網易(ネットイース)は日本の雰囲気を演出するため日本の声優を雇用し、セリフを日本語にして中国語の字幕を入れた。それだけ中国の若者に「日本ブーム」が起こっていると、日本経済新聞は分析した。 昨年12月に中国で公開されたアニメ『君の名は。』は2カ月間で5億7700万元の売上高となった。中国で公開された日本映画で歴代最高だ。上映館も6万7823館と、日本映画史上最多だった。今年、中国アニメ市場規模は1500億元と、2010年比で3倍ほど成長する見込みだ。

一方中国で韓流ドラマが数年前に売れて、いまだ韓流に頼っている現状がある。特にK-POPは日本に切り替えて今年の終わりはコンサートラッシュとなる。結局いつまでも韓流に頼り、結果中国では関連商品やら化粧品が売れるわけで、THAAD報復が緩和するからと言って、韓国経済が上向きとなり、様々な問題が解決されるわけではない。単に多少寿命が延びるに過ぎない。結局内需活性化や、中小企業改革は先送りされ、税金でゾンビ企業補填が続くだけでは限界が来る。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月15日 10:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp