韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国で軽自動車が人気がない「メンツ以外の理由」

中国で軽自動車が人気がない「メンツ以外の理由」

中国では自動車は所有者の社会的地位を示すツールという側面があるため、車は「大きくて高級感があるほどメンツが立つ」と考える人が多い。それゆえ中国で人気があるのはセダンやSUVであり、小さな車は決して人気ではない。日本の2016年における軽自動車の新車販売台数に対する割合は34.7%だった。同割合はここ最近は低下傾向にあるものの、それでも新車販売台数の3分の1以上が軽自動車であることは、中国ではとても考えられないことだと言える。中国メディアの今日頭条はこのほど、軽自動車には価格の安さと燃費の良さという強みがあると伝える一方、軽自動車が中国でなぜ売れないのかを考察している。

軽自動車は厳密に言えば日本独自の規格ではあるものの、記事は「スズキ・アルトなど中国国内で生産・販売されていた軽自動車もあるが、今日の中国では軽自動車はほとんど見かけない車種となった」と紹介。だが、軽自動車は実用的で燃費も良いため、実際には中国においても理想的な車だと伝える一方、おそらく中国ではしばらくは軽自動車は売れない車種であり続けるはずだと論じた。 続けて、中国では日本や米国に比べ、人口1000人あたりの自動車保有台数はまだまだ少ないが、大都市では自動車の購入制限が行われていて、一家で2台も3台も自動車を保有するのが難しい状況にあると指摘。

スポンサードリンク



しかも中国は自家用車の年間走行距離は平均1万5000キロを超えるという統計があるが、1台しか車を持てない可能性があるとなれば、中国の家庭におけるニーズを満たしきれない軽自動車ではなく、別の車を購入したいと考えるのが普通だとし、だからこそ大人数が乗れて、長距離移動も楽で使い勝手の良いSUVが売れるのだと考察した。
http://news.searchina.net/

日本で広く普及している軽自動車は、長さ3.40m以下、幅1.48m以下、高さ2.00m以下、排気量660cc以下の車を指す。この規格は日本独自のものであり、したがって軽自動車も日本独自の車ということになる。中国では大きくて高級感のある見た目の車が人気であり、軽自動車は中国人の審美眼に合致しない車に映るようだが、中国メディアの今日頭条は、軽自動車のメリットをよく考えてみると「革命的な車なのではないかと思えてきた」と伝えている。 日本の自動車市場で大きなシェアを獲得している軽自動車について「中国で見かけることはない」。そもそも日本で軽自動車が売れている背後には、税金面での優遇など政策が関わっていると伝える一方、軽自動車の普及が資源の浪費を減らし、渋滞の軽減などにつながった一面は否定できず、こうした意味では「軽自動車は革命的な車なのではないか」と伝えている。

中国でも近年は各都市で交通渋滞と駐車場不足が深刻化していると指摘。また、中国ではSUVが人気だが、大きな車ほどガソリンの消費量が大きく、路上でも駐車場でもより大きなスペースを占有することになり、無駄が生じている。「中国が直面している交通問題の多くは軽自動車を導入することで緩和につなげることができるはずだ」とした。また中国が交通問題を解決するならば、日本のように軽自動車を優遇する政策を導入すれば良いとしながらも、「中国政府は日系メーカーにチャンスを与えないのではないか」とし、その理由は日系メーカーは「軽自動車の分野で圧倒的な競争力を持っていて、市場を開放した途端に全て奪われてしまうため」だと伝えている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月15日 17:53 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
微型車
中国では1000cc未満の「微型車」という税制ランクで存在していて
これが日本の軽自動車に相当する車格でしょう。
日本メーカーは軽を海外に出すには、プラットフォームは同じでも
排気量とサイズを少し大きくして出すようです。

もっとも中国では税金が軽減された小型車(1600cc未満)が
人気のようです。割安感が人気を呼ぶのはどこも同じ。
[ 2017/11/15 22:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp