韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、カナダと「無制限」の通貨スワップ締結…外貨安全網強化に期待

韓国、カナダと「無制限」の通貨スワップ締結…外貨安全網強化に期待

通貨スワップは外貨準備高が底をつく場合に備え相手国に自国の通貨を預け相手国の通貨やドルを受け取る契約だ。外貨準備高が有事の際に備えた「積立金」ならば、通貨スワップは一種の「マイナス通帳」の性格だ。2つとも万一発生しかねない外貨不足事態を考慮した「安全弁」の役割をする。

16日に韓国銀行がカナダ中央銀行とウォンとカナダドルの通貨スワップ契約を締結したのは有事の際に使えるマイナス通帳の数を増やしたという点で韓国金融市場の安定性に肯定的な役割をすることになる見通しだ。特に他の通貨スワップ契約とは異なり、今回の通貨スワップは事前に最高限度を設定せず利用でき、満期も設定しない「常設契約」だ。満期更新に対する負担感が大きく減った格好だ。 米国や欧州など主要基軸通貨国は相互間の通貨スワップに対しこうした形態で通貨スワップを結ぶ。韓国が満期や限度の条件がない常設契約形態で通貨スワップ協定を結んだのは今回が初めてだ。

今回通貨スワップを締結したカナダをはじめ、米国、ユーロ圏、日本、英国、スイスなど6つの基軸通貨国は相互間にこうした形態の常設契約を結んでいる。 カナダが世界の金融市場でいつでも通用する基軸通貨国と評価されているという点も鼓舞的だ。これまで韓国は基軸通貨国と通貨スワップを結んでおらず外国為替の安全弁の役割は限定的になりかねないとの評価を受けてきた。


外貨準備高がいくら多くても危機勃発時に外国為替が引き潮のように抜け出る恐れがあるだけに、基軸通貨国との通貨スワップ締結が必要というのが専門家らの診断だった。今回のカナダとの通貨スワップ締結によりこれまで通貨スワップ構成の不足感をある程度なだめられるという評価が出ている。



韓国は現在の中国との560億ドルをはじめ、インドネシアと100億ドル、マレーシアと47億ドル、オーストラリアと77億ドルの通貨スワップ協定を締結している。アラブ首長国連邦(UAE)との54億ドル規模の通貨スワップは昨年10月に満期を迎え終了したが、両国が延長に合意した上で具体的な事項について協議を進めている。これ以外に韓国は東南アジア諸国連合(ASEAN)と中国、日本と共同で作ったチェンマイイニシアチブ(CMI)で384億ドルを引き出すことができる。これをすべて合わせれば1222億ドルだ。だが韓国とこれまで通貨スワップを結んだ国のうち基軸通貨国と評価される国はなかった。
http://japanese.joins.com/

カナダは国債格付け最高ランクの先進国で、カナダドルは事実上基軸通貨として評価される。韓国は先ごろ中国との間で通貨スワップを延長したのに加え、金融危機に対する心強い安全装置を確保したことになる。 韓国は現在中国、オーストラリア、マレーシア、インドネシアとアジア地域内で経済危機発生時に資金を融通し合うチェンマイ・イニシアチブ(CMIM)を通じて1168億米ドル(約13兆円)の通貨スワップ協定を結んでいる。 延長協議中のアラブ首長国連邦(UAE、54億ドル)を含むと協定対象は計5カ国、規模は1222億ドルに増える。

韓国は今年に入ってマレーシア、オーストラリア、インドネシアに続き、10月には中国と560億ドル規模の契約を延長した。韓国銀行は「今回の協定を進める過程で、政府と全ての情報を共有するなど緊密な協力によって締結を成功させた」と説明した。通貨スワップは、金融危機時などに相手国に自国の通貨を預け、相手国通貨や米ドルを受け取る取り決め。両国の中央銀行は自国の金融安定のために必要だと判断される場合、通貨スワップによって相手国の資金を自国の金融機関に供給することができる。カナダドルの特徴は、資源国通貨ではありますが、アメリカの隣国で立地的特権や自国経済の働きも良く、特に金融の分野においても、英語圏であることから優れており、経済指標から見ても、貿易・財政・雇用ともに安定していて他の資源通貨よりも安定感のある通貨といえる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月16日 10:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp