韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  朴正煕の銅像は建たず、慰安婦像ばかり建つのが韓国の歴史認識の実態

朴正煕の銅像は建たず、慰安婦像ばかり建つのが韓国の歴史認識の実態

韓国の歴代大統領で人気が最も高いのは朴正煕(パク・チョンヒ)(1917~79年)だ。60、70年代に18年間の長期政権下で韓国の経済発展と近代化を実現した指導者だからだ。韓国はこの時代に国力で宿敵・北朝鮮を上回り貧乏国でなくなった。

今年はその生誕100年ということで、当初は各種の記念行事が計画されていたが、娘の朴槿恵(クネ)大統領が弾劾・罷免されるという政治的事態で多くが中止になった。生誕記念の14日、ソウルにある「朴正煕大統領記念図書館」で予定されていた保守系団体による銅像建立も、これに反対する左翼系団体とのもみ合いでお流れになった。朴正煕の功績に対する評価は今も分かれている。経済発展優先で、政治的安定を理由に野党など反政府勢力を弾圧したからだ。現在の文在寅(ムン・ジェイン)政権はそのときの野党・反政府勢力の後を継ぐもので、娘追放は父・朴正煕への“報復”でもあった。

朴正煕否定の背景にはもう一つ、彼が統治時代に日本陸軍士官学校を卒業した旧満州国軍将校だったという“親日派”経歴がある。彼らは「親日派が国を豊かにして北に勝った」という現実を認めたくないのだ。朴正煕の銅像は建たず元慰安婦の銅像ばかり建てられるのが韓国社会の歴史認識の実態だ。これじゃ日韓の歴史認識の一致などあり得ません。
http://www.sankei.com/


慰安婦像とは、主に大韓民国に多数設置されている朝鮮人慰安婦の少女を模したとされる像。ほとんどがブロンズ像だが制作者の違う石像などもある。韓国の日本大使館や領事館前に設置されたほか、韓国系の勢力や団体により一部、北アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパにも設置され、日韓の外交問題に発展している。この記事においては便宜上「慰安婦像」表記とする。



最初の慰安婦像である日本大使館前の慰安婦像を製作したキム・ウンソンとキム・ソギョンの夫妻は中央大学校彫塑科の同期生(1984年入学)で、1989年に結婚してからずっと共同制作してきた。2014年には巨済市に夫妻が制作した新しい形の慰安婦像が建てられ、夫妻は慰安婦問題について「日本は従軍慰安婦問題で謝罪しないだけでなく、事実があったことさえ認めない。史実を隠ぺいし、歪曲し続けている」と主張し、「日本政府が心から謝罪し、反省しない限り、いつでもどこでも少女像を作る。違った姿の少女像をいろいろ考えている」と語っている。

当時、大使館の主だった武藤正敏元駐韓大使がいうには、「韓国挺身隊問題対策協議会という市民団体が、勝手に公道の歩道上に設置しました。これは在外公館の品位を傷つけることを禁じたウィーン条約違反であり、道路交通法違反でもあったのですが、韓国政府は撤去しなかったのです」と語っている。このため、日本大使館を向いた慰安婦像の問題は、長く日韓の懸案事項となってきたという。

一方最近では、自民党の二階俊博幹事長が17日の記者会見で、米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会が慰安婦像と碑文の寄贈を受け入れる決議案を全会一致で可決した件に不快感を示した。「日本が喜ぶか、どういう反応が国民の間に広がるかを考えてみれば、答えはおのずから明らかだ。米国がそういうことをして恥じないようなことであってはいけない」と語っている。

米国内にはグレンテール市などにもすでに慰安婦像が設置されている。二階氏は外交ルートを通じた注意喚起を促すとともに、自民党議員が米国や関係国に出張する際、慰安婦問題に問題提起させる考えにも言及した。「これからは慰安婦問題について必ず意見を申し述べてくる。日本から来た国会議員はみんな意見を持っていて、気を良くしているわけではない(と相手に理解してもらう)」と強調した。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月18日 12:30 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp