韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  製造業技術で中国に逆転される不吉なシグナル

製造業技術で中国に逆転される不吉なシグナル

知らな過ぎた。当然優勝していたものだから、今年もそうだと思っていたら状況は異なった。中国が優勝し、韓国は2位だった。先月終了した国際技能競技大会の話だ。中国は韓国(8個)の2倍近い15個の金メダルを獲得した。韓国では優勝ではなかったためか、まともに報道したメディアは少なかった。しかし、2位転落は優勝よりも衝撃的なニュースだ。製造業の根底にある技術から中国に逆転を許しているというシグナルだからだ。

国際技能競技大会は製造業の現場の基礎技術で争う。旋盤、金型、溶接、自動車整備、木工、れんがの積み上げなどの種目がある。機械化や自動化が進み、人工知能(AI)が導入されている時代に伝統的な技能・技術の何が大切なのか。それは素人考えだ。産業現場の末端では依然として熟練工が鋭い間隔と手先の技術で調整しなければならない加工段階がある。その段階で生じるわずかな誤差が無視できない大きな誤差を生んでしまう。韓国は経済の規模と資本力では劣るが、技術段階でリードしていたため、中国との差を守ってこられたと考えてきた。ところが、技術の末端で逆転を許し始めたのだ。

企業関係者が現場から伝えてくる韓中逆転の現場は差し迫った状況にある。有名アウトドア用品業者の会長はこう話す。
「大型の刺繍自動化装置10台を中国から段階的に導入した。最初の製品で不満な点を指摘したところ、次には改良品が納入された。どこか故障すれば、すぐに出張に来て修理してくれた。そんなことを数回繰り返したところ、1年後には最初とは完全に異なる機械が納入された。こちらが要求していない点、想像していなかった点まで改良されていた。現場で試行錯誤したところ、韓国製品よりも優れた製品へと革新を遂げた。中国の技術者はがむしゃらでハングリー精神があった。韓国も昔はそうだった。ところがある時から韓国企業は改良要求を聞かなくかった。完成品をそのまま買えという具合だ。かつてトップだったその韓国企業はやがて倒産した」





韓国は国際技能競技大会で何度も優勝したというものの、技術はまだ先進国に比べ劣る。産業現場で大量に使われるバルブやベアリングは代表的な基礎技術製品だが、世界的なバルブメーカーの元韓国法人代表は「韓国はまだまともなバルブやベアリングを作れない」と話す。ベアリングはいわば鉄の球だ。完璧な球体に近いほど機械の効率が高まる。しかし、鉄の球を完璧な球体へと加工することは容易なことではない。バルブも同じだ。バルブは機体や液体など流動する物質の流れを制御する。わずかなすき間から漏れが生じれば、工程が台無しになったり、大規模な事故につながったりする。流れを制御し、すき間を完全に防ぐバルブの政策は決して簡単な技術ではない。温度や圧力によって物質がどう変化し、それが流れる配管がどれほど膨張、収縮するのか、それぞれの物質の性質について蓄積した知識がなければ難しい技術だ。原発や大型化学プラントに採用されるバルブの製作は基礎技術でもあり、先端技術でもある。
http://www.chosunonline.com/

サムスンに代表されるように、韓国製造業は日本の資本と技術によってスタートした。韓国の輸出業種は、日本と55%も競合している。これは日本の技術が韓国へ移植された結果だ。日本は、1980年代後半から急速な円高に見舞われた。これが、ウォン安となって韓国製造業を潤し、日本企業の輸出シェアを奪ってきた。この段階から、日本企業は韓国企業をライバルと認め、技術移転に慎重姿勢で臨んでいる。こうして韓国企業は、新しい技術の取得に遅れて、とうとう製造業が「10年以内に寿命が尽きる」というところまで追い込まれた。

技術貿易収支という指標がある。技術輸出額から技術輸入額を差し引いたものだ。韓国は、技術貿易収支の赤字率がOECDで最悪状態だ。日本は逆に、最高の技術貿易収支黒字率である。この日韓の比較から言える点は、韓国企業が日本の技術を輸入していることに外ならない。それにも関わらず、韓国製造業は10年以内に寿命がくる理由はどこにあるのか。日本企業が韓国への技術輸出に対して慎重なのだろう。韓国へ技術輸出するよりも、ASEANなどを重視していると見られる。

日本企業は、「反日」の韓国よりも、「親日」のASEANへ技術輸出する。この場合、日本企業の現地進出を伴っているが、政治的な状況も大いに影響しているであろう。韓国の長期にわたる「反日」が、韓国製造業へ思わざる形で跳ね返っている。「政経関係」は一体なのだ。韓国企業は日本技術に依存したくなければ、自ら研究開発に取り組めば良いのだが、その意欲が乏しい。この点は、中国企業と極めて似かよっている。それよりも、模倣技術で満足するという共通の欠陥がある。基礎研究を怠ってきた韓国企業は、まさに「生きるか死ぬか」の巌頭に立たされているのを理解することである。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月19日 17:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp