韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本が開発した「地下シェルター」の注文問い合わせが中国で急増

日本が開発した「地下シェルター」の注文問い合わせが中国で急増

日本は地震多発国だ。夏から秋にかけては台風が複数日本列島を通り過ぎていく。そして近年は局地的な豪雨に見舞われて被害が出るケースが続出している。そして、中国もまた各地で様々な自然災害に見舞われており、災害への備えに対する関心も高まっている。中国メディア・今日頭条は15日、地震大国の日本で開発された家庭用の小型避難シェルターを紹介する記事を掲載した。記事によれば、近ごろでは地震以外の理由で問い合わせが増えているのだという。

記事は「島国であり地震多発国である日本では、地震対策が非常に重視されている。日常的な地震の知識教育のほかに、日本のテクノロジー企業は様々な地震時の避難用技術を開発しているのだ」とし、アースシフト社が2011年の東日本大震災後に開発した耐震防水設計の地下シェルターを写真付きで紹介。「このシェルター、外見は電気温水器の貯水タンクのような形をしている。長さは2.8メートル、幅は1.9メートルで、内部空間は約5平方メートル。全て鋼板でできており、駐車場や庭の下に設置することができる。費用は23万元(約391万円)だ」と説明している。

そして「過去数年間は年間数件という注文数だったが、北朝鮮が頻繁にミサイルを打ち上げるようになってから、多くの人がこのようなシェルターの設置を考え始めた。これは核シェルターではないのだが、毎日多数の問い合わせ電話がはいるとのことである」と伝えた。





大きな地震が発生して崩れかかった家屋が、その後の余震で倒壊するケースがある。地下のシェルターに避難しておけば、人的被害を防ぐことができる。中国でもこのような設備が普及すれば、様々な災害に対応できることだろう。ただ、中国の街には大きな問題がある。それは、地中にどんなパイプやケーブルがどのように埋まっているかが把握しきれていない点だ。災害を防ぐためのシェルターを設置するために地面を掘ってみたら水道管や電線を傷つけて人災が発生するのでは、元も子もない。
http://news.searchina.net/

一方で米国の工場から世界各地の顧客に核シェルターを出荷しているアトラス・サバイバル・シェルターズ(カリフォルニア州)のビジネスがこれほど活況だったことはかつてない。「ボムネード」は最もよく売れている核シェルターの一つで、値段は1万8999ドル(約210万円)からだ。世界情勢全般、特に金正恩朝鮮労働党委員長が米国本土を攻撃し得るミサイルの開発を進めていることを考えれば、同社の核シェルターの需要が高まっているのは驚きではない。興味深いことに、核シェルターへの関心が最も急速に高まっているのは米国ではなく日本だ。日本は長期にわたり北朝鮮の射程圏内にある。

「今、最も盛り上がっているのは日本だ」。アトラス・サバイバルのオーナー、ロン・ハバード氏はそう語る。同社は半年から1年居住可能なモデルの地下シェルターを十数種類製造しているが、その一部には避難用トンネルや除染室、防弾ハッチが装備されている。ウェブサイトで「将来の絶命の危機が迫る出来事」に耐え得るとうたう高級シェルターのメーカー、ビボス(カリフォルニア州)の創業者で最高経営責任者(CEO)のロバート・ビチーノ氏は、「日本でも非常に多くの申し込みを受けている」と語る。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月19日 17:49 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp