韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で天皇訪問に関心集まる、「日本との関係改善に寄与」と期待

韓国で天皇訪問に関心集まる、「日本との関係改善に寄与」と期待

2017年11月17日、韓国で天皇陛下の訪問に関心が集まっている。「日本との関係改善に寄与」との思惑で、李洛淵首相も日本メディアのインタビューで期待感を示した。その一方でトランプ米大統領の歓迎夕食会をめぐり日本国内には反発も。陛下の退位は19年3月末が有力とされ、訪韓が実現するかは微妙だ。

韓国紙はこのほど、陛下の訪韓を相次いで取り上げた。中央日報は「天皇、退位前に韓国訪問は可能?韓日関係改善に大きな寄与」との記事を掲載。「最近、韓国では日本の天皇の訪韓に言及されることが増え、実現すれば韓日関係の改善に大きく寄与するという意見も出るなど関心が集まっている」と報じた。 この中では「康京和外相は10月30日、国会で開かれた外交統一委員会の国政監査で「天皇の訪韓が実現すれば両国関係が発展すると考える」と述べた、と説明。ただ、康外相は「日本政府との協力と協調が必要であり、いつ実現するのか予断は難しい」とも話したという。

李洙勲新駐日大使も10月31日、日本に到着した直後に「天皇の訪韓が実現すれば韓日関係の発展に非常に重要な意味を持つだろう」と強調。李大使は赴任前の25日の記者会見でも天皇の訪韓について「韓日関係の解氷に大きく寄与するのではないだろうか。必ず実現すればいい」と語っている。


東亜日報は「李洛淵首相、『在位中に来られることを願う』と明仁日王の訪韓に期待示す」と報道。9月に行われた李首相の朝日新聞とのインタビューを改めて持ち出し、「『必ずお越しいただければと思う。それも在位中に来られることを願う』と答えた」と伝えた。同時に記事は訪韓したトランプ米大統領の歓迎夕食会に言及。「文在寅政府の慰安婦交渉の順守を促してきた日本国内では、大統領府が文大統領とトランプ大統領との首脳夕食会に元日本軍慰安婦を招待したり、メニューに独島(日本名・竹島)エビを盛り込んだりしたことめぐり、反韓の雰囲気が起きている」としている。



さらに、日本国内に「韓国が過去の歴史を打ち出して、韓米日の協力には積極的でないと不満を漏らす空気があちこちから現れている」とも指摘。「『知韓派』と言われている額賀福志郎日韓議員連盟会長も9日、(自民党の)派閥会合で『非常に残念な事態だ』とし、『アジアの不安定を克服することに、日韓、日米の連携が重要な鍵を握っている。韓国国民に向けたパフォーマンスではなく、大人の外交を展開してもらいたい』と述べた」と懸念している。
http://www.recordchina.co.jp/

天皇皇后両陛下は、第二次世界大戦の犠牲者を追悼する「慰霊の旅」を2016年に入っても国内外で続けてきた。ただ、1992年には中国を訪問したが、韓国訪問はいまだ実現していない。そんな中で、天皇陛下がビデオメッセージで退位の意向を強く示唆したことを受け、「ご学友」が「(退位まで)時間があるうちに、し残した仕事をやってほしい」として、韓国訪問を提言した。 ビデオメッセージを天皇陛下の訪韓と関連付けて報じる韓国メディアも多いが、2012年には李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が天皇陛下に謝罪を要求したとして日韓関係が一気に冷え込んだという経緯があり、「退位」と「天皇訪韓」をめぐり、韓国では議論が起き始めている。

韓国訪問を提言したのは、天皇陛下の学習院初等科から大学までの「ご学友」として知られる、ジャーナリストの橋本明氏。16年8月8日夜にTBSで放送された特番で、沖縄、硫黄島、サイパン、パラオ、フィリピンなど「慰霊の旅」を続ける両陛下についてのVTRが流れた。直後に発言を求められた橋本氏は、「天皇陛下は胸の髄まで平和主義者であります。その平和主義者である天皇の希望をまともに受けて、しっかりとした手を打つように、内閣に私は望みたいと思う。しかし、天皇には、これから本当に退位されるまでは、まだ時間がある。その時間があるうちに、し残された仕事をやってほしい。それは韓国訪問だ」と述べている。

今の現状では無理だろう。また天皇が行かれる相応しい国ではない。日本統治と言う意味では、日本は十分なる資金とインフラで、今の韓国があり、企業技術も伝授し、それを今終えようとしている。それで十分ではないか…。個人的にはそう思うが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月20日 11:46 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(2)
ないこと
まず文在寅の賓客訪日があるかどうか。
なさそうだ。日韓両国のトップが相手国訪問に
関心がない。総理大臣が行かないのに、天皇陛下が
おでましになる理由も状況もない。

賓客来日した最後の大統領は李明博(2008)。
李明博はその後2012年に宗旨替えして反日に走り、
「天皇あやまれ」発言をやって、親日色を消した。
日本の総理大臣が韓国訪問するのは、日中韓三国会談
など、韓国を会場とする実務的用件のときだけ。

文在寅は李明博と似た路線できていて、対日無色から
反日色強化しつつある。本人がどうか分からないが、
韓国では「反日」は支持強化の材料になる。
で、実際その材料が頻繁に使われる。
文在寅訪日案があるらしいが難しいだろう。
[ 2017/11/20 12:23 ] [ 編集 ]
魂胆は見え見えです
彼の国にとってコントロールの効かない安倍首相は、目の上のタンコブです。
そこで、考え付いたのが次のようなシナリオでしょう。

① 天皇陛下を呼びつけてお言葉を頂き、日本との関係が良好になったように見せつける。
② 天皇陛下が関係を改善したのだから、安倍晋三よ!天皇陛下の言うことに見習え。
③ 安倍晋三よ!捏造慰安婦に頭を下げろ、早くスワップしろ、もっと金を出せ・・・等と際限のない要求をしよう。

おお怖い!!それこそヘルジャパンになってしまいます。

日本政府の皆さん、ここは然るべき対応を宜しくお願いします。
[ 2017/11/20 13:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp