韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  国家ブランド順位、ドイツが1位…韓国は10位圏外

国家ブランド順位、ドイツが1位…韓国は10位圏外

国家ブランド指数調査で昨年トップだった米国が今年は6位に落ちた。1位はドイツとなった。 市場調査機関のGfkは17日、「2017国家ブランド指数」の調査結果ドイツが1位を占め、フランスが2位、英国が3位、カナダと日本が共同4位を占めたと明らかにした。

昨年1位だった米国は今年6位に急落した。イタリアが7位、スイスが8位、オーストラリアが9位、スウェーデンが10位の順だった。 韓国はGfkの調査対象50カ国には含まれたがこの日公開された上位10位には含まれなかった。 Gfxの国家ブランド指数は国の文化水準、輸出、移住・投資魅力、ガバナンス、観光人気度、国民親近感の6分野にわたり総合的に分析した上で順位を算出する。

今回の調査は7月に50カ国で18歳以上の成人を対象に2万185件のオンラインインタビューによって進められた。 ドイツは6分野で均等に点数を取った。特に文化水準とガバナンス、国民親近感で高い点数を取り、観光人気度を除いた項目ですべて上位5位に入った。

これに対し今年6位を記録した米国は10位圏の国で唯一昨年より点数が下落した。政府信頼度、国家経営などを包括したガバナンス分野で19位から23位に低くなった。文化(2位)、輸出(2位)などの項目は5位以内に含まれた。
http://japanese.joins.com/





国家ブランド指数は、国家の評価を計測するために用いられる指標。国家の評価を計測、形成及び管理することを国家ブランディングと呼び、地域ブランディングに密接に関連する。例えば、象徴的な製品価値の重要性の増大のような試みにより、各国は際立った特徴を強調させてきた。国民国家のブランディング及びイメージ、また同国家の輸出品への成功したイメージの転移は、実際に製造及び販売するものと同程度に重要となる。これは原産国効果とも呼ばれる。国家ブランディングは、統一された理論的枠組みへの追求を学者が今なお続ける発展途上の分野となる。

国家ブランド指数は政治コンサルタントのサイモン・アンホルト氏が10年以上前に考案した。世界50カ国を統治体制、国民、貿易、文化、観光、移民や投資の分野で評価し、ブランド指数を算出している。アンホルト氏は米国の順位が下がった理由について、トランプ大統領の「米国第一」政策による影響を指摘している。 国家ブランドは、コミュニケーション上の工夫だけで改善されるわけではなく、あくまで当該国家が競争力のあるアイデンティティを確立しているかどうかが重要となる。. 国家のブランディングは、一朝一夕になしえるものではなく、組織間調整や政治的適切性などの困難な課題にも取り組む必要がある。.



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月20日 17:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ドイツの本音もろ出し
Gfkの国家ブランド指数というのは消費財を中心とした
企業・産業向けアンケート調査だから、ある国が国際交流、
貿易相手として組みしやすいかどうかのインデックスです。

貿易赤字と違法移民を減らそうと動く米国がポイントを
下げるのはあたりまえ。

難民受入れに制限を始めたドイツが調査で首位というは
どういうことか。難民受入れは調査の評価点ではなさそうだ。
「難民」は消費市場ではお客さんではない、国の競争力の
資源ではないという価値判断だろう。
ドイツ、スイスは他国から期間限定の出稼ぎを受け入れて
下層労働力を確保している。
ドイツの欧州支配戦略がもろに出ている話だ。
[ 2017/11/20 23:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp