韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  金正恩委員長『健康異常説』体重40キロ以上急増

金正恩委員長『健康異常説』体重40キロ以上急増

北朝鮮が60日以上ミサイル試験発射をしていない理由は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の健康不安説のためといううわさが海外メディアの間で広がっている。 20日(現地時間)、英国のデーリー・エクスプレスは金正恩委員長が最近公式席上で見せた姿で体重が急増し、足の状態が悪いようだとして金恩委員長の健康異常説を提起した。

このメディアは金正恩委員長が通風、糖尿、心臓病、高血圧などを病んでいると知られているとし、この疾患により致命的な結果に直面する可能性もあると強調した。 北朝鮮は9月14日以降、ミサイル試験発射を中断している。ドナルド・トランプ米大統領がアジア歴訪に出た時、追加挑発があるだろうという予想があったが発生しなかった。 オンラインメディアのデイリースターは19日、各国の情報当局が北朝鮮のミサイル発射が迫っていると警告してきたが、金正恩委員長からいかなる動きも見られていないとして彼の健康に問題が生じたようだと推定した。

デイリースターは最近、写真で金正恩委員長の体重が大きく増えた姿が目立ち、手をわき腹に当てたまま心地悪い表情をするなど健康に問題が発生したと見られると伝えた。 メディアは今年33歳である金正恩委員長が整形外科で足の状態が悪い姿を見せて椅子を探し、北朝鮮のある靴工場を訪問した現場でも顔に冷や汗を流しながら座っていた姿が捉えられたとのこと。


また、金正恩委員長が糖尿や心臓疾患、高血圧、通風を病んでいると伝えた。また、彼が労働党委員長になった後、体重が何と90ポンド(約40キログラム)が増えたとデイリースターは明らかにした。 これに先立ち、ガーディアン紙は金正恩委員長が暗殺に対する恐怖に苦しめられており、このために暴食と暴飲を持続していると報じたことがある。一部の情報機関を通じて金正恩委員長が不眠症に苦しめられているという事実が伝えられたりもした。北朝鮮はトランプ大統領の対話提案を拒みながら、核脅威をやめていない。米国の北朝鮮研究専門機関である38ノースは北朝鮮が弾道ミサイル潜水艦を開発中だと主張した。



金正恩委員長の健康不安説は彼の公開活動が減るたびに浮び上がった。韓国国家情報院は金正恩委員長が飲みすぎ・食べすぎなどの食習慣と無節制な生活で心臓病高危険群の診断を受けたと把握している。
http://japanese.joins.com/

2014年には、キム第1書記の権力は維持されているようだが、健康状態については具体的に把握されていない模様だとし、一部では、北朝鮮の軍によるクーデターが起こりキム第1書記が逮捕されたとか、すでに死亡しているといった噂まで流れた事がある。2016年には中央日報が、北朝鮮の金正恩党委員長の健康管理に関わっていた北朝鮮の要人が日本に亡命を求めたと、消息筋の話として報じている。核兵器やミサイル開発で国際社会に妥協を見せようとしない正恩氏だが、ストレスや太りすぎによる健康不安を抱えていることは、韓国の情報機関も報告している。中央日報によれば、件の幹部A氏は、烽火診療所、南山病院、赤十字病院を管轄する保健省1局の出身。北京の北朝鮮代表部に駐在していたが、昨年9月28日に日本大使館側と接触し、妻と娘を連れて日本へ亡命する意思を伝えたという。ただ、亡命先を巡っては、韓国と日本で「綱引き」を繰り広げている模様だとした。

韓国ではなく日本行きを望むのは、「日本に親戚がいるため」とされており、1950年代からの「帰国運動」で北朝鮮へ渡った、元在日朝鮮人の家系の出なのかもしれない。A氏はこれまで、正恩氏の健康とかかわる医薬品や医療機器の調達を担当してきたという。ならば、正恩氏の健康状態についてもかなりの分析材料を得ている可能性が高い。韓国の国家情報院(国情院)は昨年7月1日、韓国国会で開かれた情報委員会の懸案報告で正恩氏の体重が130キロと見られるとの分析を示している。国情院によれば、金正恩氏の体重は「2012年に初めて登場したときは90キロだったが、2014年には120キロに、そして最近では130キロまで増えたと推定される」という。独裁者として贅を尽くしていることが肥満の原因とも思われるが、それにしても、あまりの変化だ。まるで韓国の家計負債増加の如く増え続けている…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月21日 11:06 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp