韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  銀座のアップルストアで連日大勢の中国人観光客がiPhone爆買い

銀座のアップルストアで連日大勢の中国人観光客がiPhone爆買い

2017年11月21日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「銀座のアップルストアに連日、大勢の中国人観光客が訪れている」とする記事が掲載された。

記事によると、11月19日の銀座のアップルストア店内は「中国国内の店舗かと思うほど」中国語が飛び交っていたという。ある中国人留学生によると「毎日大勢の中国人がiPhone X(テン)目当てに来店するが、2〜3週間待たされると知り、その場で入手できるiPhone 8を買って帰る人が多い」という。

中国人観光客が日本旅行のついでにiPhone Xを購入したいと考えるのは、例えば64GBモデルなら中国よりも1000元(約1万7000円)以上も安く購入できるためだという。ある中国人観光客は「日本で買えば、浮いた差額が帰りの航空チケット代になる」と話している。

記事は「日本人は静かな雰囲気を好むのに対し、中国人はにぎやかなのが大好きだ。多くの日本人はアップルストア銀座に足を運びたくないようだ」とも伝えている。
http://www.recordchina.co.jp/





Appleは、「iPhone X」の売れ行きについてコメントを発表。予約受付開始直後から爆発的に売れているとのことで、需要を満たすために全力を尽くしている、と伝えている。また、改めて、発売日である11月3日(金)の朝8時からは予約無しで購入できる、当日販売を実施することも強調。オンライン予約で当日入手が難しい場合は、覚悟を決めた上で直営店の前で並ぶのもありかもしれない。

一方でiPhone8は販売数が伸び悩んでいるのに対し、iPhone Xは予約開始と共に売り切れ状態となりました。この状況を「iPhone8よりも魅力的なiPhone Xが売れるのは当たり前」と簡単に片付けることはできないと米メディアのArs Technicaは分析している。iPhone Xは現在、オンラインストアでは5〜6週間待ち状態となっており、11月3日の発売日から1ヶ月以上経たないと手に入れられない計算になる。

iPhone Xは予約開始から約10分間で売り切れたのに対し、iPhone8の販売数は未だに伸びていない。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、iPhone8/8 Plusの売上シェアは、2017年第3四半期のiPhone全体の売上の16%しかないとの事。昨年のiPhone7/7 Plusが43%を占めていたのに対し、ほぼ3分の1の割合となっている。iPhone8/8 Plusは、出荷から1ヶ月後でもiPhone全体の中でわずか2.4%の使用率にとどまり、これまでのiPhoneの同時期のシェアと比べて半分以下となった。

AppleがiPhone Xの3Dセンサーモジュールの生産に難航していることは幾度も報じられてきた。実際の出荷台数が明確になっていない以上、iPhone Xが売り切れになっているという事実だけでiPhone Xが人気であると言い切ることはできない。これまでのiPhoneと同レベルの需要もしくはそれを下回る可能性もあり、実際の数字が発表されるまではiPhone Xの売れ行きは闇の中にある。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月21日 17:31 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp