韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  米アトランタ空港、韓国人85人の入国を拒否し強制送還

米アトランタ空港、韓国人85人の入国を拒否し強制送還

韓国人85人が19日(現地時間)、米アトランタ空港で入国を拒否され、韓国に強制送還措置された。外交部(省に相当)は21日、「駐アトランタ総領事館が20日午前(現地時間)、『ESTA(電子渡航認証システム)でアトランタ空港から米国に入国しようとしていた韓国人85人の入国を拒否され、韓国に出国措置になった』という通知を(米国側から)受けた」として、具体的な経緯を把握していることを明らかにした。

現地メディアなどによると、入国拒否された85人はデルタ航空(約50人)と大韓航空(約30人)を利用して19日、米アトランタ州のハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港に到着したが、約24時間にわたり空港に待機させられ、21日に韓国に戻ったとのことだ。 85人は全員、特定の団体に所属し、過去に研修会を目的として米国に入国した後、実際には野菜を販売するなど営利活動をしたことを米国側が問題視したという。外交部当局者は「彼らが記載した入国目的と実際の空港での入国審査で語られた入国目的が異なったため、入国が拒否された。政治的な理由ではないことを確認した」と説明した。

外交部は「総領事館は今後このような事例が発生しないよう米合衆国税関・国境警備局(CBP)関係者に連絡し、具体的な入国拒否の経緯について把握した上で国民に広報を行う予定だ」と明らかにした。
http://www.chosunonline.com/





今年2月には、アメリカのホノルル空港で、ニューヨークに向かっていた韓国人男性が拘置所に拘禁されたうえ、強制的に韓国に送り返されていたことがわかり、ホノルルの韓国総領事館は理由の解明をアメリカ側に求めるという事が起きている。ホノルルの韓国総領事館が現地時間の10日、明らかにしたところによりますと、オーストラリアを出発しホノルル経由でニューヨークに向っていた27歳の韓国人男性が今月2日、ホノルル空港で4時間にわたる移民審査を受けた末、理由も示されずに入国を拒否されたという。

そしてこの男性は、手錠をかけられて凶悪犯罪者が収容される空港近くの連邦拘置所に拘禁されたうえ、翌3日、仁川行きの飛行機に乗せられて韓国に帰国した。この男性は、韓国とアメリカのビザ免除協定にもとづく、ESTA=電子旅行許可制でアメリカ行きの手続きをとり、最大90日間、アメリカに合法的に滞在できることになっていた。しかしアメリカの税関国境保護局は、これといった理由も示さず、入国を拒否しました。このためホノルルの韓国総領事館が、税関国境保護局に問い合わせましたが、具体的な回答がない状況だという。総領事館は、税関国境保護局に抗議文書を送るとともに、ワシントンの韓国大使館にも連絡をとってアメリカ側に真相究明を求めていた。

出入国管理とは、国境や空港、港など、人が異なる国家間を出入りする場合に、当該国(政府)がその出入国を管理・情報把握することをいう。犯罪被疑者が国境を越えて移動するのを防ぐため。領域外に出た人間に対して警察権を行使できないため、犯人を逮捕できない(国際刑事警察機構を通じて国際指名手配を行ない、拘束された旨通知があったら送還を依頼する、または犯罪人引渡しのための二国間条約を結んで引き渡してもらうほかない。国家主権の問題により、ある国で犯罪とされる行為が別の国ではそうでないということもあるので(罪刑法定主義)、刑事国際法や国際警察のようなものは存在しない)。このため、出入国管理が検問の役割を果たしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月22日 10:31 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp