韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  サンフランシスコの慰安婦像問題、大阪市が姉妹都市解消へ

サンフランシスコの慰安婦像問題、大阪市が姉妹都市解消へ

2017年11月24日、米サンフランシスコ市長が市内に設置された慰安婦像受け入れを承認した問題をめぐり、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは「大阪市が同市との姉妹都市解消へ」と題する記事を掲載した。

サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は22日、米国の民間団体が設置した慰安婦を象徴する女性像の寄贈を受け入れるとする市議会の決定を承認する文書に署名した。市議会は14日の決議で像の受け入れに同意するとともに、像の維持費として20万8000ドル(約2300万円)の寄贈を受けることも決めていた。

記事はサンフランシスコ市と姉妹都市関係にある大阪市の吉村洋文市長が議案執行に対する拒否権の行使をリー市長に求めていたことを説明し、「市議会の決定に同意すれば姉妹都市関係を解除すると威嚇していた」と表現。吉村市長が「姉妹都市は強い信頼関係に基づくものであり、このような信頼関係は消滅した」との考えを表明したことも伝えている。

記事によると、サンフランシスコの像は米国に設置された4番目の慰安婦像となるが、大都市での設置は同市が初。日本の報道によると、吉村市長は23日、姉妹都市解消の手続きを12月中に完了させる考えを示したという。
http://www.recordchina.co.jp/





米サンフランシスコ市議会が、在米中国系民間団体が設置した慰安婦像と碑文の寄贈を受け入れる決議を可決した問題をめぐり、姉妹都市の解消を検討している大阪市の吉村洋文市長(大阪維新の会政調会長)に対する大阪市議会の足並みが乱れた。22日、維新市議団は受け入れが最終決定した場合、関係解消に向けて動くよう要請したが、自民、公明両党市議団は解消に反対し、再検討を求める申し入れをしたのだ。市議会の「維新VS自民・公明」という対立構図が、事実無根の内容で日本をおとしめる慰安婦像・碑文への対応にも持ち込まれた形だ。

サンフランシスコ市議会は14日(現地時間)に決議を全会一致で可決。エドウィン・M・リー市長が24日までに拒否権を行使しなければ、自動的に受け入れが執行される。大阪市議会では5月と9月にサンフランシスコ市へ公共物化の再検討を求める決議案が提案されたが、提案者の維新をのぞく自民、公明、共産などの反対で2度にわたり否決。吉村市長が姉妹都市解消の意向を示した9月以降、市議会として一致した決議や市長への要望などを検討していたが各会派の主張の溝は埋まらず、別々に申し入れを行った。

だが、米サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長は22日、市民団体が市内に建てた旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像の寄贈の受け入れを承認した。像は市有物となる。これを受け、サンフランシスコ市と姉妹都市である大阪市の吉村洋文市長は「サンフランシスコ市の意思として慰安婦像の受け入れを確定させることになったのは、大変遺憾だ」とのコメントを発表した。その上で、両市の信頼関係はなくなったとして、姉妹都市解消の手続きに入り、12月中に完了させる意向を表明した。朝鮮人のみならず中国系団体までが慰安婦像設置では、何とも困った問題だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月24日 09:54 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp