韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  平昌五輪の宿泊料ぼったくり…江陵市が取り締まり実施

平昌五輪の宿泊料ぼったくり…江陵市が取り締まり実施

「お客様を守れ」
江原道江陵市が宿泊施設との闘いに立ち上がった。江陵市は24日、「平昌冬季五輪特需を狙う江陵地域の一部宿泊施設のぼったくり料金特別取り締まりタスクフォース(TF=作業部会)を組織し、12月1日から本格的な運営に入ることになった」と明らかにした。TF運営期限は平昌冬季五輪と冬季パラリンピックが終わる来年3月20日までだ。現在、江陵市と平昌郡では五輪特需を狙って一部宿泊業者が個人の観光客に部屋を提供しなかったり、過剰な料金を要求したりするケースがあり、五輪チケット販売にも悪影響が出ている。

江陵市は「五輪前にぼったくり料金が横行すれば、五輪開催地のイメージが損なわれるだけでなく、観光客が隣接の他都市に行ったり、試合だけ見て帰ったりする可能性が高い」と見ている。韓国鉄道公社は宿泊の負担なく気軽に五輪観戦ができるよう江陵-清凉里(ソウル市内)間の韓国高速鉄道(KTX)を午前1時まで運行させる方針だ。平昌五輪組織委員会もこのほど、観光客にさまざまな宿泊の選択権を提供するために、民泊仲介サイト「Airbnbコリア」と業務協約を交わした。

最悪の場合、大量の「五輪空室」問題が発生するかもしれない、と江陵市では考えている。江陵市が現在期待している五輪期間中の宿泊需要は一日2万5000室(1日の訪問者数6万人のうち4万5000人)だ。12月中に完工予定の大型宿泊施設が3つあることなどを考慮すると、期待需要を満たすことはできる。だが、多数の観光客がぼったくり料金などで宿泊を避けることになれば、需要が供給を下回る可能性もある。
http://www.chosunonline.com/


2017年5月27日、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季五輪まで残り260日を切る中、現地の施設不足から宿泊料金が高騰しているとし、韓国・YTNが報じている。フィギュアスケートなどの競技が行われる韓国東岸の都市・江陵(カンヌン)のあるモーテルでは、来年2月の五輪期間中1泊の料金は50万ウォン(約4万9500円)にもなるという。これは通常の8倍近い金額だそうで、関係者は「需要に対して供給が少ないためどうしようもない」と釈明する。周辺のモーテルも同様で、新築のモーテルではなんと1泊70万ウォン(約6万9000円)の所も。この地域一帯では、今年の初めにすでに旅行会社などとの宿泊契約が終わっているとのこと。



平昌冬季五輪の期間中に現地で宿泊する観客は、推算で1日6万人。そのうち、開催都市の江陵、平昌、旌善(チョンソン)一帯のホテルやコンドミニアムで収容できる人数は1万3000人ほどにすぎず、残りの4万7000人はモーテルや民宿、周辺の束草(ソクチョ)、原州(ウォンジュ)に泊まらざるを得ないとされている。これがここまで宿泊料金が高騰している理由だ。現地自治体関係者はこの問題を認識してはいるものの、「料金について行政機関で規定することはできない」と話す。 問題はこれだけではない。各宿泊施設は旅行会社などを通じた団体の長期予約を優先することから、一般の個人による予約は相当厳しいものと思われる。

2017年11月1日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕まで100日となり、韓国・テレビ朝鮮が、熱戦の舞台となる地元・江原道(カンウォンド)での準備の進み具合についても報じている。平昌五輪組織委員会はこのほど12の競技場の完工を宣言、大会に向け準備は着々と進められている。しかし世界から訪れる取材陣や観戦客への「おもてなし」の面では、驚きの事実が明らかになった。 スケート競技などが行われる都市・江陵(カンヌン)にあるAモーテルの価格表を見ると、一般室の繁忙期の宿泊料は「14万ウォン(約1万4000円)〜」とある。しかし実際に大会期間中の予約をするには、この最低価格の3倍以上を支払わなければならないという。関係者は大会中の宿泊料について「50万ウォン(約5万円)ほどを基準にしている。303号室(VIPルーム)のような部屋の場合は120万ウォン(約12万円)が基準」と話す。

海外から大会を取材に訪れるマスコミも「ぼったくり料金」を避けられないという。大会期間中に冬季五輪関連施設に駐車するための駐車券はなんと526万ウォン(約53万円)。この他にも、通常1万ウォン(約1000円)ほどで買えるマルチ電源タップが80万ウォン(約8万円)、光回線のインターネット使用料は2400万ウォン(約240万円)など、驚きの価格設定がなされているというが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月25日 11:29 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
市の取り締まり等は無力
韓国を訪れた観光客が常に感じている事が「ぼったくられた」である。
こんな国民がオリンピックと言う美味しいチャンスを逃すわけが無い。
市が取締りをしてもそれを掻い潜ってぽったくる事はミエミエである。
マイナス20℃の地で宿泊所を得られなければ命が危ない。
やはり、命が惜しければ現地にいかない事だ!


[ 2017/11/25 21:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp