韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国人はなぜ飛行機のエンジンに硬貨を投げ込むのか

中国人はなぜ飛行機のエンジンに硬貨を投げ込むのか

中国で今年、飛行機のエンジンに硬貨を投げ込む事件が相次いだ。なぜ中国人はそのような危険な行為に及ぶのか。 今年10月18日、安徽省から雲南省に向かう祥鵬航空8L9960便で、76歳の女性の乗客がエンジンに向かって何かを投げた。目撃した整備士が気付き、機体やその周辺を調べたところ、エンジン近くの地面に硬貨が落ちていた。航空会社はフライトに影響する可能性があると判断し、同便の運航を取りやめた。

また、6月27日には、上海浦東国際空港から広州白雲国際空港に向かう予定だった中国南方航空CZ380便で、乗客の80歳の女性がエンジンに硬貨を投げ込んだ。目撃した他の乗客が航空会社の職員に知らせ、出発は見合わせに。安全点検の結果、硬貨9枚が発見されたという。 ジェットエンジンは前部の吸気口の内側に圧縮機があり、ブレードと呼ばれる刃を高速回転させて空気を燃焼室に送り込んでいる。鳥を吸い込む「バードストライク」のように、ジェットエンジンに異物が入った場合、エンジンが正常に動作しなくなることもある。

この2つの騒動はいずれも中国メディアで大きく報じられた。そして、当事者が口にした理由はどちらも「安全を祈願するため」だった。 中国ではコインを投げて幸運を祈願することが広く行われている。たとえば、博物館や史跡、動物園の亀の甲羅など。日本の観光地でも外国人観光客らによる硬貨の投げ込みが池の水質に影響するなど問題となり、「コインを投げ込まないでください」との注意書きが書かれた場所もある。





専門家によると、「神様にお金を贈って願いをかなえてもらう」のは中国で長く続く風習とのこと。だが、さすがに飛行機のエンジンに硬貨を投げ込むのが危険だということは、普通の人であればわかりそうなものだ。実際、いずれの騒動でも、中国のネットユーザーからは厳しい批判が寄せられた。また、どちらも当事者が高齢のため常識に欠けていたと指摘する声もみられた。いずれにせよ、大事故に至っていないことが不幸中の幸いといえるだろう。
http://www.recordchina.co.jp/

北京(CNN) 中国の上海浦東国際空港で27日、広州行きの中国南方航空機のエンジンに乗客が硬貨を投げ入れたことが判明し、安全確認のため出発が5時間半以上遅れる騒ぎがあった。乗客の女性(80)は搭乗の際、エンジンに向かって硬貨を投げていたことが同乗者らの話で明らかになり、警察に連れて行かれた。警察の発表によると、この女性に犯罪歴や精神疾患はなく、安全な飛行を願って硬貨を投げたと話している。現場からは9個の硬貨が見つかった。1個はエンジンの中に入り、残りは地面に落ちていたという。

この騒動についてのニュースは中国全土に拡散した。中国では悪天候や空の交通量の多さ、軍事演習などによるフライトの遅延が絶えず、特に同空港は定時運航率が低いことで知られる。遅延についての情報提供が不十分との苦情も多いが、少なくともこの一件の原因は周知の事実となった。6月27日 AFPによると、中国・上海の空港で27日、乗客の一人だった80歳の女性が、幸運を祈って航空機のエンジン目がけて硬貨を放り投げ、数時間もの遅延を発生させる出来事があったと中国当局が明らかにした事を伝えている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月25日 17:12 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp