韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  半導体コリア…今年売上10兆円突破なるか

半導体コリア…今年売上10兆円突破なるか

今年の国内半導体売上が史上初めて100兆ウォン(約10兆円)を超える見込みだ。また、国内半導体メーカーの「モバイルDRAM」のシェアも85.6%を記録し、圧倒的な優位を占めている。26日、半導体市場調査会社「ICインサイツ」が発表した「2017マックリン報告書」改訂版によると、今年サムスン電子の半導体売上は656億ドル、SKハイニックスは262億ドルに達する見込みだ。両社を合わせると918億ドルに上る。国内メーカーの半導体売上が100兆ウォンを越えるのは初めてだ。

国内証券街の見通しはこれよりも楽観的だ。サムスン電子の今年半導体売上は74兆3650億(ソン・ミョンソプ・ハイ投資証券研究員)~76兆3千億ウォン(キム・ドンウォンKB証券研究員)、SKハイニックスは29兆7千億(チェ・ドヨン新韓金融投資研究員)~30兆3千億ウォン(イ・スンハク韓火投資証券研究員)程度と予想されていた。およそ104兆~106兆ウォン(約10兆7千億~10兆9千億円)程度で、マックリン報告書の展望値よりも高い。

サムスン電子の昨年の半導体売上は51兆1600億ウォン(約5兆2千億円)、SKハイニックスは17兆1980億ウォン(約1兆8千億円)だった。両方を合わせると、68兆3580億ウォン(約7兆円)で、今年100兆ウォンを上回る場合は、1年の間に50%以上増加したことになる。半導体市場が「スーパーサイクル」(長期好況)を迎え、価格が急騰したことによるものと見られる。実際、サムスン電子SKハイニックスの主力製品であるDRAMやNAND型フラッシュメモリなどは、今年の企業用サーバーとデータセンターなどの需要が増え、価格が急騰した。

スポンサードリンク
両社の営業利益も50兆ウォン(約5兆1千億円)に近接し、史上最高値を記録する見込みだ。証券街の見通しによると、今年、サムスン電子半導体部門の営業利益は34兆9千億~36兆3千億ウォン(約3兆6千億~3兆7千億円)、SKハイニックスは13兆405億~13兆738億ウォン(約1兆3千億)程度と予測される。昨年はそれぞれ26.6%と19.1%に止まっていたサムスン電子とSKハイニックスの営業利益率が、今年は40%台の後半に急上昇している。



これに伴い、国内メーカーの市場占有率も急増する傾向を見せた。半導体専門市場調査会社「DRAMエクスチェンジ」の「トレンドフォース」報告書によると、去年第3四半期基準で、サムスン電子のモバイルDRAMの売上は37億8千万ドルから58.3%のシェアを記録した。SKハイニックスは17億6400万ドルの売り上げを記録し、27.2%を占めた。前四半期に比べてサムスン電子の売上と占有率は1%と3.2%ポイント下落したが、SKハイニックスが30.7%と5.5%ポイント上昇したことで、韓国業界全体としては増加を記録した。第3位の米国のマイクロンは、台湾工場で起きた事故の影響で売上が13%も減少し、占有率が12.4%に止まった。

http://japan.hani.co.kr/

半導体の超好況期を享受しているサムスン電子がDRAM事業で初めて営業利益率60%を突破したと中央日報は報じている。 市場調査会社のDRAMエクスチェンジが15日に明らかにしたところによると、サムスン電子は7-9月期にDRAM事業で過去最高となる62%の営業利益率を達成した。4-6月期の営業利益率59%より3ポイント上昇したという。 100ウォン分売って60ウォン以上の収益を残したことになる。他の製造業に比べ営業利益率が高いIT業界でもこれは驚異的な数値と評価される。メーカーの中で商売がうまいことで有名なアップルの営業利益率よりもはるかに高い。アップルは一時50%に達した営業利益率が2014年には40%台に落ち、昨年は30%台を記録している。

DRAMが大きな稼ぎになるのはグローバル市場でサーバー用、モノのインターネット(IoT)用などの需要は急増しているのに供給がこれに追いついていないためだ。寡占市場で供給が不足しているため昨年下半期から製品価格は天井知らずで高騰し、これはそのままメーカーの収益となった。DRAMエクスチェンジは「主要PCメーカーがすでに10-12月期のPC用DRAMモジュール価格も前四半期より7%上げて契約した。10-12月期のDRAM価格上昇率は10%に達するだろう」と予想する。年末の繁忙期を控えフラッグシップスマートフォンが相次いで発売されモバイルDRAM需要が急増しているためだとしている。

乱高下するDRAM市場だが、今後のDRAM供給能力への拡大に向けた姿勢は三者三様で異なっている。例えばMicronは、ウェハファブそのものの建設はせずに、プロセスの微細化を進め、ウェハ1枚あたりの取れ数を増やすとの意向を示している。また、SK Hynixはその逆で、プロセスの微細化のみでは需要の増加に対応できないと見ており、新たなファブ建設を計画していることを明らかにしている。そしてSamsungだが、韓国および中国でのNANDへの大型投資は明らかにしているが、DRAMの生産能力の増強そのものについて明らかにしていない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月27日 09:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp