韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ベンツ、韓国で過去最高の年6万台販売確実

ベンツ、韓国で過去最高の年6万台販売確実

韓国自動車業界によると、ドイツ自動車大手のメルセデス・ベンツは今年、2002年の韓国法人設立以降で最高となる販売記録を達成した。昨年発売した「Eクラス」の売れ行きが好調で、韓国に進出した外国の自動車メーカーでは初めて年間販売台数が6万台を突破し、Eクラスも単一モデルとしては初めて年間3万台の販売を達成した。

ベンツは今年1-10月の販売台数が前年同期比30%増の5万8060台となり、11月も約5000台が売れたことから、累計の販売台数が年初来6万台を超えた。ベンツコリアは昨年、5万6343台を売り上げ、輸入車ブランドによる最高販売記録を打ち立てていた。 昨年6月22日に発売されたEクラスのフルモデルチェンジ車の販売が好調だった。

今年1-10月に韓国市場ではEクラスが2万8492台売れ、今月もその勢いを維持したことから、11月までに累計販売台数が年初来3万台を超えたことが確実視される。SUVも好調で、10月までの販売台数が前年同期比34%増の9985台を数えた。今年4月に発売した「ザ・ニューGLCクーペ」を含め、韓国市場ではSUV7車種を販売している。





年初来のベンツの累計販売台数は10月までの集計で中国、米国、ドイツ、英国に次ぐ5位で、昨年(8位)よりも3ランク上昇した。ベンツコリア関係者は「今年初めて年間販売台数が日本を抜く見通しだ」と話した。
http://www.chosunonline.com/

中央日報は、輸入車が記録行進を続けていると報じている。一部のブランドは韓国輸入車市場が開放された1987年以降の最高の実績となった。内需は冷え込んでいるが、輸入車市場は例外だ。 韓国輸入自動車協会によると、メルセデスベンツの1-10月の販売台数は5万8606台だった。 前年同期(4万4994台)比で30%以上も増加した。これでメルセデスベンツは、韓国輸入車史上単一ブランド最多販売となった昨年の年間販売台数(5万6343台)をわずか10カ月間で上回った。この傾向が続けばメルセデスベンツは今年の年間販売実績が7万台に達する可能性もある。30年余りの韓国輸入車の歴史で年間販売台数7万台を達成した企業はない。

輸入車業界2位のBMWも似ている。1-10月のBMW販売台数(4万5990台)が前年同期比23.3%増加し、昨年の年間販売台数(4万8459台)に迫っている。このペースならBMWの年間販売台数は約5万5200台となる。昨年が過去最多販売台数だったBMWも記録の更新が可能ということだ。韓国市場で複数の輸入車企業が同じ年に同時に5万台以上を販売したことは今まで一度もなかった。 これは最近の韓国市場の消費心理を考慮すれば異例の現象だ。韓国開発研究院(KDI)が12日に発表した経済動向によると、国内の消費心理は依然として脆弱だ。キム・ヒョンウクKDIマクロ・金融経済研究部長は「韓国経済の内需市場回復は依然として遅い」と述べた。

消費不振の中で高級車販売が増加する現象について、ク・サン国民大自動車運送デザイン科教授は「景気が厳しいほど価値のある消費を重視する傾向が強まるため」と説明した。続いて「最も人気があった輸入中型セダンは同級国産高級ブランドより2000万ウォン(約205万円)ほど高い」とし「輸入車ブランドのプレミアムと性能を考慮すれば、これほどの金額を追加で支払う価値があると判断したということだ」と説明している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月27日 10:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp