韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  大阪市との「絶交」もいとわず、米サンフランシスコ市が慰安婦像を受け入れた経緯

大阪市との「絶交」もいとわず、米サンフランシスコ市が慰安婦像を受け入れた経緯

2017年11月26日、中国之声は、「米サンフランシスコ市が、姉妹都市である大阪市との“絶交”もいとわずに旧日本軍の従軍慰安婦像設置を受け入れた」と伝えた。

9月22日、サンフランシスコの中心にある聖マリア広場で、慰安婦像の除幕式が行われた。像は現地の中国系、韓国系住民が主体となっている民間団体によって作られたもので、中国、韓国、フィリピンの若い女性3人が手をつなぐ造形が、当時の慰安婦を象徴している。そして11月14日、サンフランシスコ市議会はこの慰安婦像と維持費用を市に寄贈するという民間団体の要望を受け入れる決議を可決。さらに、9月22日を「慰安婦の日」とする議案も可決した。

吉村洋文大阪市長は再三に渡り慰安婦像の私有化への反対を表明。エドウィン・リー市長に対し、姉妹都市の解消を示唆したうえで、リー市長に拒否権の行使と直接の会談を求める書簡を送った。しかし、吉村市長がリー市長から受け取った返信書簡には、面会を拒否すること、慰安婦像の問題には議論の余地が無いことが記されており、吉村市長は23日に「信頼関係は消滅したと考える。姉妹都市解消に向けた手続きを始める」とし、サンフランシスコ市との姉妹都市解消の意向を示した。


今年は大阪とサンフランシスコの姉妹都市締結60周年だった。慰安婦像設置を巡って日本側は反対の姿勢を取り続けてきた。橋下徹前大阪市長は2015年、3度に渡りサンフランシスコ市長と市議会に書簡を送った。今年9月25日には吉村市長と松井一郎大阪府知事が米国大使館を訪れて強い不満を示している。また、菅義偉官房長官や安倍晋三首相も慰安婦像の設置や私有化に対して遺憾の意を示した。



米西部の主要都市であるサンフランシスコはアジア系住民の人口が多く、西半球で中国系住民の人口密度が最も高い地域の一つとなっている。一方、米国内で最も歴史が古く、面積も広い日本人街もあることから、記事は「現地では慰安婦像の設置が、特にナイーブな問題になっている」と紹介した。
http://www.recordchina.co.jp/

米サンフランシスコ市が慰安婦問題を象徴する少女像の設置を受け入れたことに反発し、先日、大阪市の吉村洋文市長(42)は同市との姉妹都市提携の解消を表明した。“反日都市”との断交に一部からは称賛の声も出ているが、半世紀にわたり米国研究をしている警鐘作家の濱野成秋氏はこう指摘する。「姉妹都市断絶決断は不利益にならないと決断か。とんでもない。姉妹関係の背景には財界があり結束力は強い。そいつをぶった切って捨てたのが大阪市長なら、思うつぼだろ、シスコで日本叩きに暗躍する韓国系、中国系にとっては」…。

濱野氏は「渡米日系移民の歴史は明治元年から続き、当初はそれこそ奴隷同然でむちを手にしたポルトガル系荒くれ男の下で長時間炎天下で働かされた。カリフォルニアは今でこそ沃土だが当時は砂漠の熱砂。それを日本人独特の努力でかんがい用水を整備。土地所有権を与えない加州当局は貸して金を取り、沃野になると返せという。白人も中国系も日系を追い出しにかかった」と語る。 日系2世が育って、その名義で土地を取得した途端、真珠湾攻撃があり、カリフォルニア州の日系人は442部隊で戦線へ。それでもオキナワ最前線で必死に投降を呼びかけ、救った市民は何万にも及ぶ。

「その子孫たちを大阪市長は見放したというわけだ。戦後、日本は焼け野原。日系米人組織は戦前すでに財界さえ形成していたから、収容所から帰還するや焦土の大阪にも多大な援助金を送っている。トヨタや日産、ホンダのバイク売り込みのきっかけも日系人のおかげ。恥ずかしくないか」(同) 。詳細はこちら

慰安婦合意に基づいた日本の対応が重要だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月28日 09:40 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp