韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  バリ島の噴火で足止めの韓国人観光客ら「大使館の電話通じない」と不安

バリ島の噴火で足止めの韓国人観光客ら「大使館の電話通じない」と不安

2017年11月28日、インドネシア・バリ島の火山の大規模噴火に対する懸念が高まる中、国際空港閉鎖により現地に足止めされている韓国人観光客らが、ネット上に「大使館と連絡が取れない」など不満や不安の声を寄せている。韓国・ソウル経済新聞が報じた。 AFP通信などによると、インドネシア当局は27日、噴煙が立ち上るバリ島東部アグン山の噴火警戒レベルを最高に引き上げた。噴火は、約1600人が犠牲となった前回1963年の噴火に匹敵もしくはそれ以上の規模になる可能性があるという。 事態を受けインドネシア政府は、バリ島中心部デンパサール近郊の国際空港を27日から閉鎖しており、閉鎖は30日朝までと予定されている。
韓国の報道によると、現在、バリ島には約600人の韓国人観光客がとどまっているとみられている。一部の観光客はネットで現地の状況を伝えているが、「韓国大使館に電話してもつながらず、もどかしい」「中国は自国民をバスに乗せてフェリー乗り場まで案内しているのに、(韓国は)何してるの?」「火山灰の方向によって、空港が閉鎖されたり開放されたりしている」などの不安な胸の内を吐露する声も少なくないようだ。 これに、韓国にいるネットユーザーからは「国が率先して対策を練ってください。大事になりそうで怖い」と心配する声も上がっているが、「何言ってるんだか。何カ月も前から旅行危険地域と言われていたのに行く方が悪い。それなのに国をたたくとは」「『危険らしいけどまさか噴火はしないだろう』と思って行ったくせに」など突き放すようなコメントが目立つ。





また「もともと韓国外交部は仕事をしないからね」「そこに韓国大使館があったなんて、心から税金がもったいないと思う」「大使館員たちは噴火を予測してもう逃げたのかもよ」など国や外交部への批判の声も。 中には「日本大使館に連絡しなきゃ」「解決方法は、他国の外交官に連絡すること。特に日本はサービスがいい」と呼び掛けるユーザーまで出ている。
http://www.recordchina.co.jp/

朝日新聞は、インドネシア・バリ島のアグン山が噴火したことを受けて、同島のデンパサール国際空港の閉鎖が30日午前7時(日本時間同日午前8時)まで再延長された。閉鎖は27日朝から3日間連続。国営ガルーダ・インドネシア航空の成田、関西各路線やエアアジアの成田線を含めて、連日440便以上がキャンセルされており、3日間で乗客十数万人に影響が出ることになると報じている。 世界的な観光地の同島には日本人も多く訪れている。同空港から西側のジャワ島にあるスラバヤの空港へ、運輸当局がバスを用意しており、スラバヤから首都ジャカルタへ空路で向かう人も増えている。東側にあるロンボク島へも24時間営業のフェリーがあるが、同島の空港は29日夕にアグン山噴火の影響で閉鎖と再開を繰り返している。

国家防災庁によると噴火活動は続いており、噴煙はデンパサール国際空港のある南西方向へ流れているという。28日時点で、避難対象住民10万人のうち、約3万9千人が避難所に滞在している。噴火がまだ本格的ではないとみて、自宅に残って家畜の世話をしている住民も多いという。大規模噴火の可能性が「極めて高い」との専門家の見解を受け、噴火口周辺の住民を避難させたと国家防災庁が27日発表した。火口からは最高4キロの高さまで噴煙が吹き上がっており、12キロ離れた地点の住民から爆発音などの報告があるという。 オーストラリアのカンタス航空やマレーシア航空など航空各社はバリ便の運航を取りやめ、約445便が運休となった。バリ(ヌグラライ)国際空港は現地時間28日午前7時(日本時間同8時)まで閉鎖される。バリ島はアジアで最も人気の高い観光地の一つだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月29日 12:24 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp