韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  問題続出の日本製造業、それでも侮れないのはなぜか

問題続出の日本製造業、それでも侮れないのはなぜか

2017年11月29日、北京商報は、不祥事が頻発する日本の製造業について、それでも侮ってはならないとするコラム記事を掲載した。 神戸製鋼所、三菱マテリアルに続き、繊維産業の巨頭・東レでも製品データの改ざんが発覚した。記事は「今年、世論では日本の製造業の神話が崩壊したとの言論が巻き起こった。スキャンダル以外にも、東芝のテレビ事業が海信(ハイセンス)に呑み込まれるなど日本の製造業の萎縮を思わせる事例が起きている。コストやリスクのコントロール、管理体制など日本の製造業が苦境に立った要因は多岐に渡っており、具体的な分析が必要だ。新興国の台頭も要因の一つだろう」としている。

一方で「スキャンダルが起きたのは事実ではある。ただ、一連の問題が日本の製造業の全貌だと簡単に結論づけるべきではない」とし、「日本の製造業が世界市場に誇る分野の広さ、製品の品質の高さは依然として計り知れない。環境、情報、精密機器、自動化、医薬などにおいてはなおも時代の最先端を行っている。職人気質や生産方式、経営理念はやはり世界の製造業にとって生けるお手本なのだ」と論じた。 記事は、中国は鉄鋼や造船、高速鉄道といった重工業分野を中国製造業の名刺代わりになるほど発展させてきたが、精巧さを追求する精神において日本とはなおも大きな差があると指摘する。


そして、「日本はイノベーションが不足していると言う人がいるが、日本企業は東芝やパナソニック、キヤノン、日立だけではなく、世界市場の様々な分野で隠れた王者の地位を築いている企業が数多いるという側面が見えていない」と指摘。「サムスンやアップルといったハイテク企業も、日本の高精度な設備や部品、ソリューションがなければ輝きを放てない。他を寄せ付けない技術、整備された企業組織、従業員のモチベーション、労使関係、成熟した実業家、イノベーションを促進する環境、市場とのリンク。こういった点で日本企業は依然として後発者を啓発する存在なのである」としている。
http://www.recordchina.co.jp/



神戸製鋼のデータ改ざん問題が明るみになり、問題は日に日に深刻化している。神戸製鋼の不正をはじめとして、近年日本では企業の不正問題が続出している。2015年以降、東芝の不正会計問題、東洋ゴムの免震ゴム事業のデータ改ざん問題、旭化成の基礎工事の杭打ちデータ改ざん問題、三菱の燃費試験データ改ざん問題など、一連の不祥事が次々に明るみになり、これまで質の高さで名を馳せてきた日本の製造業に暗雲が立ち込め、「メイド・イン・ジャパン」神話が崩壊し始めている。環球雑誌が報じた

記事は人民日報だが、日本の製造業の不正問題は神戸製鋼が初めてではなく、神戸製鋼の不正は坂を一気に下る日本の製造業の縮図のようである。そして、それは日本の企業が近年経営・管理のモデルチェンジを実施しているものの、うまくいっていないことと密接な関係があると指摘している。現状として、近年、多くの日本の企業が、株主の利益を強調する欧米の経営スタイルに続々と移行している。以前、日本の企業の経営層は主に将来に目を向けた経営に焦点を合わせ、品質と管理を非常に重視していた。しかし、昔はコツコツと行っていた品質管理(QC)が今では影を潜め、企業の管理者は目先の財務状況にばかり注目し、利益を増やす方法ばかり模索している。

日本企業のデーター改ざんと言うのは、実に実施しやすい点とクレームにならなければ見つかりにくい点がある。私が恐れているのは環境物質データーもデーター改ざんがあるのではと懸念してます。各社受入検査体制と言うのは簡素化し、データーと言う書面で部品受注と検査データー管理が成り立つケースが多いのも事実。昔は抜き取り検査で合格しない限りは、受注は成り立たなかったわけで、さらに工場監査で管理するというのが下請け管理となっています。IしかしSOの難点がこれであり、いまだ日本はISO取得は受注における条件ではあるが、間違えた認識に使うと品質低下の要因になりやすい。日本企業全社が乗り越えるべき難題でもあります。検査の自動技術とAI等の活用は今後大いに活躍するのではないでしょうか…。個人的には大いに期待してますが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月30日 09:15 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(2)
経営者の品格と役人の質が問題では?
 利益優先から現場技術が軽視され、仕事に取り組む喜びを無くした会社での出来事だと思います。
 ただ、他国に比べて日本の基準値は高過ぎるので、検査不合格でも安全性は確保できていると思っています。
 それにしても、基準の在り方ももっと合理性の有るものにすべきだし、人間性の回復についても考えて貰いたいものです。
 根本的な原因は、経営者の品格と役人の質に有りそうです。
[ 2017/11/30 09:55 ] [ 編集 ]
供給側の挑戦
これは日本企業の実力品質と表示品質の調整過程でしょう。
神戸製鋼などB2B分野の事案は購入側の高度な要求品質に
対して、だから何なのさという、供給側の挑戦に見えます。
とにかく、供給過剰な産業構造だから、購入側がまた
価格低減(値下げ)を迫る材料になってしまった。
[ 2017/11/30 11:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp