韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  日本を訪れる韓国人旅行客はけち?1人当たりの支出額が断然最下位

日本を訪れる韓国人旅行客はけち?1人当たりの支出額が断然最下位

2017年11月29日、韓国・ビジネスインサイトはこのほど、今年第3四半期(7〜9月)に日本を訪れた外国人旅行客のうち、1人当たりの支出額が最も少なかったのは韓国人だったとの調査結果を伝えた。 日本の観光庁が先月発表した「訪日外国人消費動向調査」によると、今年7〜9月の訪日韓国人旅行客の1人当たりの支出額は7万4726円だった。これは、調査報告書で「その他」と表記された国を除く20カ国・地域(台湾、ドイツ、ロシア、マレーシア、米国、ベトナム、スペイン、シンガポール、英国、豪州、イタリア、インド、インドネシア、中国、カナダ、タイ、フランス、フィリピン、韓国、香港)の中で最も少ない金額だという。

1人当たりの支出が最も多かったのはベトナムで25万9749円。後には中国(23万8385円)、フランス(23万5068円)、スペイン(22万8571円)、英国(21万6308円)が続いた。韓国人旅行客の1人当たりの支出は1位のベトナムの約3分の1で、19位の台湾(12万7106円)とも大きな差があったという。 この調査結果について、ビジネスインサイトは「各国の旅行客の宿泊期間と関連がある」としている。1人当たりの支出額が最も多かったベトナムの平均宿泊数が36.6日で最も長かった一方、韓国は5.5日で最も短かった。日本に住むベトナム人が増加し、彼らに会うために日本を長期で訪れる旅行客が増えたことや、日本と韓国が地理的に近いことも宿泊日数に影響を与えたという。


ところが、1人当たりの平均ではなく全体の金額(1人当たりの支出+旅行者数)を見ると、韓国人旅行客の消費額は1361億円で、20カ国中3位だった。中国人旅行客は5432億円、台湾人旅行客は1490億円だった。比率を見ると中国が44.1%、台湾が12.1%、韓国が11.1%だった。これは、日本を訪れた韓国人(182万1826人)が中国(227万8771人)と台湾(117万2204人)を除く国と比べてはるかに多かったためだという。1人当たりの支出額が最も大きかったベトナムは旅行客数が7万4796人で相対的に少なく、消費額は全体の1.6%に過ぎなかった。



これについて、韓国のネットユーザーからは「韓国人のほとんどが節約旅行を好む」「日本はコンビニの食事でも十分満足できるから。韓国のレストランより清潔だし」「お金はないけど旅行したい。そういう人はみんな日本に行く」「韓国人は食にしか興味がないからね」「お金がないのだから仕方ない」など納得する声が寄せられている。
http://www.recordchina.co.jp/

観光庁は、平成29年7-9月期の訪日外国人全体の旅行消費額(速報)は1兆2,305億円と推計され、前年同期(9,716億円)に比べ26.7%増加。 国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額をみると、中国が5,432億円(構成比44.1%)と最も大きい。次いで、台湾1,490億円(同12.1%)、韓国1,361億円(同11.1%)、香港941億円(同7.6%)、米国618億円(同5.0%)の順となっており、これら上位5カ国・地域で全体の80.0%を占めると掲載している。

訪日外国人1人当たり旅行支出は16万5,412円で、前年同期(15万5,123円)に比べ6.6%増加した。国籍・地域別にみると、ベトナム(26万円)、中国(23万8千円)、フランス(23万5千円)の順で高いという。中国と韓国がほぼ同じ訪日数であるから、中国が5,432億円で韓国1,361億円と言う数値を比較すれば一目瞭然となる。中国の役1/4と言ったところだろうか…。金のない韓国人であるから、観光庁が発表している2015年のデータによれば、韓国人が日本旅行で使う1人あたりのお金は約7万5000円で、お土産などを購入する買物代は約2万2000円。これはアジア諸国と比べると半分程度の低い数値だが、韓国は同年の訪日外国人の旅行消費額約3兆5000億円のうち、約9%(約3000億円)を占めている。いかに手軽に、多くの人が日本観光を楽しんでいるかが分かる。人気のお土産は、国内で購入すると高い日本のお菓子や化粧品、医薬品など。普段から使える日常的なアイテムを購入していく人が多い。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月30日 10:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
観光産業の層別
レコードチャイナの分析によると、韓国人が旅行先に
日本を選ぶのは、次善の選択であって、ベストな選択ではない。
それ以前に、人生の充実感を得るのに、海外旅行がベスト、
というのも情けない。

逆に、受け入れ側から見ると、軽薄な観光受入でもどんどん
やってくる、というのは低レベルな観光事業者でもやって
いけるということ。宿泊にしても、交通にしても、対象を
分けてサービスが層別されているから日本観光はしっかり
やれていると思われます。
[ 2017/11/30 11:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp