韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  韓国、北朝鮮ミサイルの分析結果が日米と食い違う

韓国、北朝鮮ミサイルの分析結果が日米と食い違う

2017年11月29日、韓国・文化日報は、北朝鮮が同日発射した長距離弾道ミサイルについて、日本と米国は大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定したのに対し、韓国政府は「まだICBMには至っていない」と判断するなど、分析に食い違いが出ていると報じた。

米国防総省は29日の会見で、「今回のミサイルは、北朝鮮の舍人里(サインリ)から発射され、1000キロを飛行した後、日本海上、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した」とし、米本土にも直接脅威のある水準のICBMが発射されたと判断した。

日本政府も、北朝鮮が発射した弾道ミサイルが通常より高い発射角度で打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射され、4000キロを超える高度に到達した点などを踏まえ、歴代最大の射程距離を有するミサイルと推定した。

安倍晋三首相は同日午前6時30分ごろから20分間、トランプ米大統領との電話会談で「ミサイルは日本上空を通過していなかったが、4000キロをはるかに超える最高高度に達する軌道で約50分間飛行した」とし、「ICBM級の射距離を保有していると考えられる」と述べたとされる。


一方、韓国政府の評価は、北朝鮮の弾道ミサイルが「ICBMの水準には至っていない」とする見方が大勢のようだ。記事は「(ミサイル性能の)技術的進展は認められるものの、米国を直接脅かすほどの技術的完成度にはまだ至っていないとする判断が作用したものと思われる」と指摘した。 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は同日午前に招集した国家安全保障会議(NSC)で、「大陸を往来する北朝鮮の弾道ミサイルが完成すれば、状況が手に負えなくなるほどに悪化する」と述べた。韓国航空大学のチャン・ヨングン教授は「さらに正確に分析する必要があるが、今回のミサイルにもし600キロの弾頭が搭載されていたと仮定すると、射程距離は9000〜1万キロ程度になると予想している」とし、「これはシアトルやロサンゼルスなど米国本土の西海岸に十分到達する水準」と説明している。



この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「韓国に分かることなんて何があるんだ?」「北朝鮮のミサイルの弾道や射距離を正確に評価できる能力が韓国にあるのかな?」「北朝鮮がICBMだって言っているのに、なぜ韓国がそうでないと言える?」「大韓民国の歴史の中で、今が最も無能だ」など、韓国政府への批判的なコメントが多く寄せられ、「米国と日本がそうだと言うならそうでしょ。情報力においては少なくとも韓国国防部より上のはず」「いつだって米国や日本が正しい」との指摘が多くの賛同票を集めている。
http://www.recordchina.co.jp/

今年8月の中央日報は、北朝鮮が26日に発射した短距離飛翔体の種類をめぐり韓国と米国が異なる声を出している。北朝鮮情報の共有をめぐり両国間で食い違いが生じているのではという懸念が出ていると報じている。 軍当局によると、北朝鮮は8月26日午前6時49分、江原道旗対嶺一帯から東海上に短距離飛翔体3発を発射した。最初と3番目の飛翔体は250キロ飛行し、2番目の飛翔体は発射直後に爆発したことが分かったとした。

韓米間の食い違いが表れたのは、青瓦台の尹永燦国民疎通首席秘書官が発射当日の午前11時22分、書面ブリーフィングをした時だ。尹秘書官は「飛翔体は改良300ミリ放射砲(大口径多連装ロケット砲)と推定される」と明らかにした。「正確な特性と諸元については精密分析中」という但し書きを付けた。300ミリ放射砲は最大射程距離が200キロ。自ら目標物に向かうよう映像追跡装置も付けている。 韓米間の隔たりが浮き彫りになると、匿名を求めた政府関係者は27日、「今回の飛翔体は射程距離が短く、最高高度が低かったため、分析が難しかった」と説明した。そして「最終分析の結果は出ていないが、現在のところスカッドミサイルの可能性の方が高い」と語った。青瓦台の発表の翌日、政府の中でも違った解釈が出ている。

韓国の情報は信用できないわけで、日米情報を信頼するしかない。青瓦台は、韓国のソウル特別市鍾路区の北岳山の麓に所在する大統領官邸である。日本統治下の1939年には朝鮮総督官邸が日本により建設された。総督官邸は1948年に大韓民国が成立すると、初代大統領李承晩が官邸及び公邸として使用。当時は「景武台」と呼ばれた。韓国ネット「日米がICBMと言うならそうなんでしょ」…。なんとも信頼のない韓国政府である。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月30日 11:38 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
韓国は必死だ
北朝鮮のミサイルがアメリカ本土を脅かす存在であれば水面下では米朝戦争に突入した事になる。
米軍の北朝鮮攻撃が始まれば韓国経済は破綻する。
韓国から外資が一斉に引き上げられるし、外資系の企業も逃げ出すし、観光客は居なくなる。
在韓アメリカ人、在韓邦人も帰国する事となる。
当然、冬季オリンピックも出来なくなる。
何故なら韓国にも北からミサイルや砲弾が飛んで来る。
それゆえ、今回のミサイルはICBMの段階に達していないと必死になっている。
[ 2017/11/30 16:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp