韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国政府、グーグルやアップルの前ではなぜ萎縮するのか

韓国政府、グーグルやアップルの前ではなぜ萎縮するのか

米グーグルが韓国でアンドロイドフォンのユーザーの位置情報をひそかに収集していたとの疑惑について、韓国政府が調査に乗り出しました。グーグルは今年1月から、ユーザーの同意もなしに全てのアンドロイドフォンの位置情報を、自動でグーグルのサーバーに転送されるようにしていたというのです。この事実は今月21日(現地時間)、ある米国メディアの報道で明るみに出て、グーグルも「アンドロイドの機能を改善するために位置情報を収集した」と認めた上で「これ以上は収集しない」とコメントしました。韓国放送通信委員会は、グーグル・コリアの社員を呼んで事実確認に乗り出しました。

これは明らかな違法行為です。位置情報法によると、ユーザーの同意を得ずに個人の位置データを収集すると、刑事処罰を受けることになります。しかし、グーグルは今回も何ら処罰を受けないだろうとの憶測が流れています。韓国政府がグーグルを告発しても、捜査当局が肝心の証拠となるグーグル本社のサーバーの資料を確保するのが困難な上、無断での収集を主導した本社の役員や社員を韓国に呼ぶのも現実的でないからです。実際に6年前、グーグルが韓国で「ストリートビュー(インターネット上で街並みの写真を提供するサービス)」を開始するに当たって数十万人の通信情報を無断で収集していた際にも、検察は捜査したものの「起訴中止」で捜査が打ち切られました。





それだけではありません。グーグルとフェイスブックは韓国での売り上げを法人税率の低い海外法人の売り上げとして計上し、課税逃れをしていても、何の制裁も受けていません。グーグルは韓国で2兆ウォン(約2000億円)台の売り上げがあると推定されますが、法人税はほとんど納めていないことが分かっています。3-4年前から指摘されていることですが、国会では課税逃れを阻止するための法案など何もつくれないのが現実です。米アップルが部品原価わずか40万ウォン(約4万円)の「iPhone(アイフォーン) X(テン)」を韓国で142万ウォン(約14万2000円)で販売しても、政府は手をこまぬいているだけです。サムスンやLG電子が同じことをすれば大騒ぎになっていたでしょう。
http://www.chosunonline.com/

Googleが、位置情報サービスがオフの場合も「Android」搭載スマートフォンの位置に関する情報を収集していたことが、ある調査で明らかになっている。 オンラインメディアのQuartzは、Android搭載スマートフォンが付近の基地局の位置情報を収集してGoogleに送信していることを発見した。その情報は、スマートフォンの位置情報サービスがオフである場合、アプリが1つも使われていない場合、スマートフォンにSIMカードが挿入されていない場合も収集されていたという。 「その結果、Alphabet傘下でAndroidを開発するGoogleは、プライバシーに関する消費者の合理的な期待の範囲を大きく超えて、個人の位置と移動に関するデータにアクセスすることができる」とQuartzのKeith Collins記者は伝えている。

Googleの広報担当者はQuartzに対し、基地局の位置情報が過去11カ月間にわたって、Android端末上のプッシュ通知やメッセージを管理するためにGoogleが使用するシステムに送信される情報に含まれていたと述べた。その情報が使用されたり保存されたりしたことはまったくなく、同社はその慣行を11月末までにやめるという。 Googleがユーザー端末の位置情報を追跡していることは周知の事実だ。私たちが日常的に使用するアプリの多くが、位置情報サービスをオンにしなければ適切に動作しない。プライバシーが気になるユーザーは、位置情報の履歴を「Googleマップ」のタイムラインから削除し、過去の検索結果のスクリーンショットを保存しないように、Android端末を設定することができるというが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月01日 10:48 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp