韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文政権、対北人道支援を日本に伝達 発射後、凍結連絡なし

文政権、対北人道支援を日本に伝達 発射後、凍結連絡なし

韓国政府が北朝鮮への人道支援を実施する手続きに入ることを今週はじめに日本政府に伝えていたことが30日、分かった。日本政府に連絡があったのは、11月29日の北朝鮮のICBM発射前だったが、30日時点で手続きを凍結したとの連絡はない。日米両国が国連安全保障理事会による対北朝鮮制裁決議の完全履行を国際社会に呼びかける中での人道支援実施は、日米韓の連携に水を差しかねない。

韓国政府は9月21日、国連児童基金(ユニセフ)や世界食糧計画(WFP)を通して北朝鮮に800万ドル(約8億9千万円)相当の人道支援を実施することを決定した。北朝鮮が同月3日に6度目となる核実験を実施し、15日は弾道ミサイル「火星12」を発射したばかりだったことから、支援決定には韓国内でも反発が出ていた。

トランプ米大統領は9月21日に米ニューヨークで行われた日米韓首脳会談で、北朝鮮に融和的な態度を続ける文在寅大統領に「韓国の人道支援は逆のメッセージで良くない」などと不満をぶつけ、安倍晋三首相も否定的な見解を伝えた。文氏は「人道支援を実際に行うタイミングは慎重に考える。日米の足並みを乱すことはしない」と応じていた。





安倍首相と文氏は11月29日の北朝鮮のミサイル発射後に電話で会談し、日韓米が緊密に連携して北朝鮮への圧力を一層強化することを確認したが、文氏の言動は一致しないようだ。
http://www.sankei.com/

韓国統一省当局者は9月14日、国際機関を通じて北朝鮮に800万ドル(約8億8000万円)規模の人道支援を検討していると明らかにしている。北朝鮮の乳幼児や妊産婦向けの医薬品支援などを念頭に、世界食糧計画(WFP)に450万ドルと国連児童基金(ユニセフ)に350万ドルの拠出を検討しているという。当局者は「人道支援は政治的状況とは無関係に続けるというのが、政府の基本的な立場」と述べている。韓国外務省報道官によると、支援計画について日本や米国には説明済みという。ただ、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に国際社会が制裁圧力を強めている中、足並みの乱れを指摘する声がある。。

国際機関を通じた対北朝鮮支援は、朴槿恵政権下で行われた2015年12月以来。保守系の朴政権も当初は核・ミサイル開発と人道支援は別としていたが、16年の北朝鮮による4回目の核実験後、支援を打ち切っていた。しかし今また人道支援をすれば、身勝手極まりない。韓国は切り離すべき。所詮朝鮮半島の国である。米国が北朝鮮攻撃を実施したのち、結果として韓国をどうするのかと言う話が残る。今の韓国では何をしても無理だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月01日 17:46 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
いいねぇ。
2ダーここにあり。
その調子でガンガン行けよ。
紅白にもカンリューが出るらしいし、いい見せ物を期待してるよ。
[ 2017/12/01 18:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp