韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  主犯は白鵬、日馬富士暴行は忖度 貴ノ岩への説教がすべての発端だった 

主犯は白鵬、日馬富士暴行は忖度 貴ノ岩への説教がすべての発端だった 

引退した元横綱日馬富士(33)による暴行事件の“元凶”は、横綱白鵬(32)=宮城野部屋=だった。日本相撲協会は11月30日、東京・両国国技館で定例理事会を開き、危機管理委員会が中間報告を行った。同報告によると、問題の10月25日夜、まず白鵬が一次会の席で平幕貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に説教を始め、二次会でも続行。その際、貴ノ岩の態度に激高した日馬富士が白鵬を忖度(そんたく)して暴行を働いたというのだ。一方で、白鵬が「貴乃花巡業部長を代えてほしい」と発言していたことも判明。にわかに貴乃花親方vs白鵬全面対決の様相を呈してきた。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

定例理事会が開かれた30日、国技館には朝から100人以上の報道陣が詰めかけ、パトカーが複数回出動するなど異様なムードに。午後1時、定刻通り始まった定例理事会は3時間半に及ぶ長丁場となった。終了後に会見した協会危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)によると、暴行があった夜の一次会終盤、まず白鵬が貴ノ岩の日頃の言動をとがめ説教。「日馬富士は貴ノ岩をかばい、その場を収めた」(高野委員長)というのだから、当初伝えられていた話とはまるであべこべだ。白鵬は二次会でも貴ノ岩、さらには元大関照ノ富士(26)を加えた2人を相手に、説教を続行したという。その時に貴ノ岩がスマートフォンをいじっていたことで、日馬富士が激高し、『謝れ』と十数回平手で殴った。さらに貴ノ岩がにらみ返したためにエスカレートし、カラオケのリモコンで頭を数回殴打したという。





その後、ビール瓶ではなく、シャンパンボトルをつかみ、本人(日馬富士)は脅すつもりで振り上げたが、それは手から滑り落ちたという。 ここでようやく白鵬が「モノを持ってやってはいけない」と止めに入ったというが、となると平手打ちの段階では黙認していたことになり、止めに入るタイミングとして遅すぎる。そもそも白鵬が酒席で説教を始めたことがすべての発端であり、日馬富士は白鵬の気持ちを忖度し、白鵬に成り代わって手を上げたつもりだったのだろう。白鵬が説教を始めなければ、日馬富士の暴行も引退もなかった。暴行問題において、白鵬の立場は単なる同席者ではなく当事者に近い。だとすれば、鳥取県警の白鵬に対する事情聴取(11月28日)が7時間半という異例の長時間に及んだことにも合点がいくというものだ。
http://www.zakzak.co.jp/

国技とは、一般には、その国の特有の技芸、ある国の代表的な競技のことである。ただし、厳密な定義は存在しておらず、“事実上の”国技であるものもあるし、その国で最も人気のあるスポーツとも必ずしも一致していない。日本で言えば相撲がそれに当たるとみなされる。大相撲の奥行きや深みに惹きつけられて、外国から入門する人も増えている。実際、このところの大相撲は外国、とりわけモンゴル出身の力士が大活躍だということは周知の通り。そのローカルな文化が、言語の壁を越えて直接伝わるものでなければならない。白鵬が発端だが、暴行は日馬富士。貴ノ岩態度対応問題となる。本端を作った白鵬も問題だが、モンゴル力士間の世代の壁は日本の親方による教育と相撲協会のだらしなさも問題となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月02日 17:50 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
図体だけはあるけど、脳みそは、カラなんて言われないように
全く、毎日この話題、朝、昼、晩これだ、今度は貴乃花親方と白鳳の確執を話題に面白,可笑しく取り上げようとしている、よっぽどに視聴率が取れるのだろう、相撲協会に全くの浄化作用が無いだけに、すべての不始末を、なあー、なあーで誤魔化そうとする体質に嫌気がさし、これじゃいけないと思う、力士も出て当たり前
そもそも、モンゴル人に品格など馬の耳に念仏、釈迦に何とやらだ、相撲が強けりゃ、カネが稼げるくらいの発想で、そんな、日本国民に相撲を通して勇気、元気を与えるなど関係ありません、しかし、なぜ彼らはプロレスラーにはならないんだ、K-1でもいけばいいのに、モンゴルの平原で、野原で草相撲が似合っている

事件はただの酔っぱらいの酒乱が同郷だというだけで、先輩風を吹かしてリンチを加えたという話
被害者は貴の岩,痛い思いをしたのは貴の岩、貴乃花親方と貴の岩の間に主従関係は存在するが、日馬富士とは無いでしょ、このまま世論のごたごたで、来場所も出られなければ、相撲感覚も狂ってくる、貴の岩の人生も変わる、日馬富士は伊勢ケ浜親方にしつけをされるたびに殴られたのか、勘違いも甚だしい

貴乃花親方も相撲道を貫くは理解するが、あまり四角四面の真面目さだけでは組織は動かせない
私も子供のPTAを7年間やったが、時の、長、たる人物は立てないと、今度は自分が、長、という肩書になった時に誰も立ててくれないよ、それは経験すれば解る
日馬富士も貴乃花親方、白鳳もまだ、まだ未熟、若い、相撲協会の古参連中は人生経験が長いのだから、若者をしっかり説得、納得させて、良い方向に導かないと、何度でも話し合えば良い、徹夜やったって構わない

相撲レスラーの人手不足を外国人力士で補う、ぼつぼつ、壁にぶちあたってきたようだ、国技を自称するなら
日本人だけでやればいいんだよ、サッカー、バスケット、バレーなどがプロ化して体の大きな子供達が、相撲を嫌がる、少年の頃から夢を持たせないと、だから巡業は必要なんだね、
今後も相撲協会にも、事件はどんどん出てくる、一つ一つ解決していくことが大事、
伝統、文化を守りながら改革だからね、難しい、でも協会役員には頑張って欲しいですね
[ 2017/12/03 08:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp