韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本は日本車だらけ、中国が中国車だらけになったらどうなる?

日本は日本車だらけ、中国が中国車だらけになったらどうなる?

2017年11月29日、中国のポータルサイト・今日頭条に「日本の街はみんな日本車、韓国の街はみんな韓国車、中国の街はどうだ」と題するコラム記事が掲載された。 記事は「日本の道路を走る車の9割は日本製の自動車。たまにベンツやポルシェと言った輸入の高級外車を見かける程度である。そして日本ではほとんど韓国車を見かけないが、韓国でも日本車は多くない。韓国も自国産の自動車が多数を占めており、やはり一部のお金持ちがドイツ車を好む傾向にあるが、その販売数は決して多くない」と紹介している。

そのうえで、「中国の街を走る車は基本的に日本車、韓国車、ドイツ車だ」とし、「国産車も増えてはいるのだが、国産車の割合が90%を占める日がいつやってくるのか分からない状況。高速道路の料金所に群がる自動車の画像を見てみると、ビュイックやフォルクスワーゲン、アウディ、トヨタ、日産など各種の合弁車で埋め尽くされている。事情を知らなければ、中国には自動車産業がないのかと思ってしまいそうだ」と論じた。

中国の消費者は積極的に中国メーカーの車を買うべきだとする記事の主張に対し、中国のネットユーザーからは「人民が非愛国的なのではない。中国人が生産する車がダメなのだ」「中国車を応援したいけど、故障が多くて次はどこが壊れるのかと不安になる」「外国製品を買うなって言うけど、高品質な国産品が生産できるのだったら言われなくても国産を買ってる」「中国の道路が中国車だらけだったら、街は修理工場だらけになる」といった反論が寄せられた。





また「政府機関がみんな日本車を買って乗っているのだから、われわれ庶民が日本車を買うのもおかしいことではない」という意見も出ている。 一方で、「自分が乗っている吉利の車は5年で8万キロ走ったけど何の故障も起きてない」とし、国産車の品質も信頼できるほどに向上していると主張するユーザーや、「外国人が中国車を買う買わないはさておき、中国人は国産品を支持しなければいけない」と主張するユーザーも見られた。
http://www.recordchina.co.jp/

日本の若者の車離れが指摘される一方、中国自動車市場では車を所有する人が増え、若者たちが市場を牽引する存在となっている。中国は世界最大の自動車市場だけあって、世界各国のメーカーが熾烈な競争を繰り広げており、街中では実に様々な国の車を見かけることができる。日系車は近年、中国市場では好調な販売を記録しているが、日系車を購入したオーナーに「日系車の良いところ」を聞いてみると、多くのオーナーは「故障が少ないこと」を挙げている。

中国メディアの今日頭条は、多くの中国人が日系車を好む理由に関する記事を掲載し、実際に日系車を購入した中国人消費者が語る日系車の魅力を紹介している。 自動車運転暦22年の中国人の事例を紹介。この中国人はこれまでドイツの高級車や米国車に乗ってきたというが、2002年以降は日系車に乗り換えたと伝え、「これまでのメンテナンスで故障は1回も見つかっていない」と紹介、やはり日系車の故障の少なさや信頼性の高さに満足しているとの見方を示したという。
すべて中国車になったら、故障者で渋滞は故障車の駐車場と化すのでは…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月03日 09:59 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp