韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本人はまさか「謝罪が好き」なのか? 謝罪にまでルールがある

日本人はまさか「謝罪が好き」なのか? 謝罪にまでルールがある

住んでいる場所が異なれば人びとの習慣は異なってくるものだ。中国から日本を見てみると、「日本人は非常に些細なことでもすぐに謝る」ように見えるらしい。中国人は「謝らない」国民だと言われることがあるが、それだけに日本人がすぐに謝ることが不思議で仕方がないらしい。

中国メディアの東方頭条はこのほど、「些細なことでもすぐに謝る日本人は謝罪が好きなのだろうか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日本人がどれだけ些細なことで謝罪しているのかを紹介した。 中国では「日本人は非常に礼儀正しい」と認識されているが、その一方で、日本は人間関係や利害関係が非常に複雑になっていて、些細なことで謝罪しなければならなくなっていることを紹介。大企業のトップが社内で発生した不祥事に対し、カメラの前で深々と頭を下げて謝罪する光景も日本では特に珍しいことではないと紹介した。

さらに、日本では公に謝罪する場合は、黒のスーツを着用し、表情は真剣であるなど、謝罪にもルールがあると指摘。顔がにやけていたり、態度が悪かったり、反感を買うような発言は火に油を注ぐことになるため厳禁であることを強調。さらに、不祥事を起こした会社の幹部たちは公衆の目があるためか、高級車や家を買うことすら控えるとしたほか、幹部が給料を減額したりボーナスの返上したりすることも日本では一般的だと紹介した。





最後に記事は、日本人は些細なことでもすぐ謝罪するが、「なぜ中国に歴史問題で謝罪しないのか」と皮肉っている。これについては日本はこれまでに何度も謝罪しており、中国でその事実が広く周知されていないだけだ。 確かに日本では謝らなくても良い場面でも謝ることが習慣になっているケースがある。中国では状況にもよるが、自分からはまず謝罪しない。謝罪することは自分を不利な立場に追い込むものと考えるためだ。日本のように謝りすぎも良くないが、かといってまったく謝罪しないことも問題だと言えるだろう。
http://news.searchina.net/

日本社会では、しつけなども関係がある。企業などでは中小企業と大手企業では、中小企業のほうが受注するために、頭を下げて回るのも多いのではないか…。内需国であり、企業の暗黙のルールとなっている部分もある。企業によっては規則もあるだろう。最近では不正による謝罪ばかりが目立つが、のちに変わるのかと言えば、一度不正した企業は、また同じミスを犯しやすい。あるいは他の企業は見つからないでいるケースも多々ある。これは受入検査を省略し、データー検査で判断するケースが増えたこともある。同じ謝罪でも、様々な理由があるわけで、道徳性と、企業では常にある確率で不良が入るわけで、受入検査の自動化技術が遅れたことが、一つの要因と言える。

一般では、相撲協会はもめているが、誤るほどに大きな問題は防げるのでは…。ただ不満がたまるほどに、発生した場合問題は大きくなるわけで、システム環境は重要となり、互いの信頼構築が不足するほどに発生する確率は高まる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月03日 11:21 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp