韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本が撲滅を狙う中国人ドライバーの白タク

日本が撲滅を狙う中国人ドライバーの白タク

日本を訪れる中国人が増えると同時に、各空港には中国人ドライバーが運転する客待ちの車が見られるようになった。彼らは乗客を乗せて営業ができる二種免許得を取得していないドライバーであり、いわゆる白タクと呼ばれる違法な存在だ。 中国メディアの今日頭条は27日、「日本は中国人ドライバーの白タクを撲滅しようとしている」と伝える一方、白タクを利用している中国人旅行客は無許可営業と知らないのが大半であると訴える記事を掲載した。

中国人ドライバーの白タクは「日本のタクシーよりも割安で、長年営業している」とうたって中国人観光客を呼び込んでいるが、中国語が通じることやガイドも頼むことができるなど、観光客が日本で困るであろうことを解決するサービスを提供しているのも事実だ。またネット上で予約ができ、中国で日常的に用いられている電子決済アプリ「ウィーチャットペイ」や「アリペイ」などで支払いが可能であるため、両替の必要もない。

日本ではタクシー運転手は二種免許を取得し、営業許可を得ている必要があるとし、現在は有料でガイドするためには資格が必要と説明したうえで、中国人ドライバーの白タクの存在は正規のタクシーの客を奪うことになるゆえ、日本では取り締まりが厳しくなっているとした。 しかし、中国人観光客にとっては言葉が通じて中国国内で使い慣れているネット予約が可能なタクシーが使用可能であれば、無許可の営業車とは知らずに利用してしまうはずだと主張。白タクを利用している中国人旅行客は無許可営業と知らないのが大半なのだと論じた。


違法な営業は許されないが、中国に存在するネット予約が可能で電子マネーの利用もできる効率的なサービスなどは学ぶべき価値のあるシステムと言える。違法車を取り締まる一方で、中国人観光客がより訪れやすくなるような改善も必要かもしれない。
http://news.searchina.net/



2017年9月7日、華字紙・日本新華僑報によると、日本を訪れる中国人観光客向けの配車アプリが現れた。日本を訪れる前にアプリを通じて出発地と目的地、利用時間を登録しておくと、条件の合うドライバーが向かう仕組みになっていると伝えている。 ドライバーは中国人のため、言葉の壁を心配する必要もなく、しかも料金は正規のタクシーよりも4割近く安いことから、中国人観光客の利用が増えている。東京だけでもすでに1800人ものドライバーが登録。大阪では1200人、北海道では280人が登録しており、日本全体では数千人に上るという。

しかし、その多くは一般ドライバーが無資格で営業している白タクだ。日本では乗客の生命や輸送の安全を確保するため、営利目的で乗客を輸送するには資格や認可が必要となる。一般ドライバーが配車アプリを通じて客を輸送すれば道路運送法違反の容疑が生じるほか、それによって得た収入を申告しなければ脱税となる。 日本の警察や空港もそうした違法行為が横行していることは把握しているものの、集客から決済まですべて配車アプリで済んでしまうことから、職務質問をしても「知人を送迎に来た」とごまかされれば、取り締まりは難しいという。

ある中国人観光客は「自分なら安全性の高い正規のタクシーを使う」と話すが、「旅行で日本に来る中国人の大部分は日本語がわからず、タクシー運転手も中国語がわからないため、意思の疎通に困るシーンが頻繁に起こる」とし、加えて日本のタクシーは料金が割高なことから、配車アプリが利用されやすいのだと明かしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月03日 17:41 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp