韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国サムスンのスマホ、中国でシェア急低下の理由

韓国サムスンのスマホ、中国でシェア急低下の理由

2017年12月4日、観察者網は、韓国サムスン電子のスマートフォン(スマホ)が中国でシェアを縮小している理由を考察した。

昨年末以降、中国のスマホ市場でサムスンのシェアが縮小を続けている。調査機関が発表したデータによると、今年第1四半期のサムスンの中国での出荷台数は前年同期に比べて60%前後急減。シェアは前年同期の8.6%から3.3%に急速に縮小した。今年第3四半期には2%程度まで落ち込んでいる。サムスンのスマホが売れなくなった理由はどこにあるのか。

記事は、「スマホ開発は今、素材や性能面での開発競争がピークに達し、各メーカーの製品は大同小異となっている。宣伝競争も激化し、各社はあの手この手で自社製品のPRに余念がない」と指摘。「ハイエンド製品でサムスンは曲面の画面を採用したが、液晶が割れるリスクが高くなった。米アップルは顔認証システムを前面に押し出し、中国の小米(シャオミ)は大画面を目玉にしている」とした。

そのうえで、「中・低価格帯の製品で、サムスン製品は割高感がネックになっている」と指摘。消費者の間で「サムスンのスマホに大金をつぎ込むのは無駄」との意識も広がっているといい、「スマホに多少詳しい消費者からは避けられている」現状があるという。記事は、「サムスン側も中・低価格帯を軽視しており、失ったシェアを次々と中国メーカーに奪われている」と指摘している。
http://www.recordchina.co.jp/





韓国では文在寅大統領が誕生し、経済の立て直しに大きな期待が寄せられている。製造業の復活も大きな焦点と言えそうだが、悠長に構えている暇はない。サムスンや現代自動車といった韓国を代表するブランドが、中国ブランドの波に呑み込まれようとしている。中国メディア・今日頭条は26日、中国ブランドの猛追でサムスンや現代自動車が中国市場で大きな危機を迎えていると中央日報が伝えている。

造船や鉄鋼、電気・電子、情報技術、半導体、自動車など韓国が誇りを持ってきた産業分野のいずれにおいても中国勢力が急速に台頭してきているとしたうえで、今年第1四半期にはサムスン製スマートフォンの中国市場シェアが3.1%と8位に転落し、中国メーカーに大きく抜かれた。同社の関係者が「会社は収益の新記録を作ったが、三年後の未来は闇だ」と嘆息したと伝えている。

自動車分野では韓国がまだリードしている、自動車には信頼度やブランド力が必要で、中国車はまだまだはるかに劣るなど、くれぐれも思ってはいけない。現代自動車は中国市場で中国ブランドによる打撃を受け、今年に入ってさらに薄氷を踏むような状態になっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月05日 10:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp