韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国人の韓国ツアーが再開・・・でもロッテだけは「蚊帳の外」

中国人の韓国ツアーが再開・・・でもロッテだけは「蚊帳の外」

今年は日中関係よりも中韓関係の冷え込みが厳しい1年となった。その理由は韓国による高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備であり、今年3月以降はそれまで中国人観光客でごったがえてしていた韓国国内からその姿がぱったりと消えた。ここに来てようやく「雪解け」の兆候が見え始めており、2日には久しぶりに中国からの韓国ツアーが再開したようだ。中国メディア・法制晩報が2日報じた。

記事によると、北京時間2日午後2時、23人の観光客からなる韓国旅行ツアー一行が北京空港から韓国に向けて出発した。中韓関係の緊張緩和が伝えられるなか、11月28日には「北京市と山東省の観光客一行が、今年3月以来約8か月ぶりの韓国旅行ツアー客になる」との情報が出ていたとのことである。 一方で、業界関係者の話によると、復活した中国からの韓国旅行ツアーでは、THAAD配備用地を提供して中国国内から強い批判を浴びてきたロッテグループに関連した行程は含まれておらず、かつては立ち寄り場所として定着していたロッテ免税店も新羅免税店に改められているという。

また、THAAD問題以外にも「魅力的なアクティビティが少ない」など、「韓流」とショッピング頼みという問題点が指摘されていた韓国ツアーの行程にも変化が見られるようだ。記事は「一行の滞在日数は5日間で、観光客のニーズに合わないスポットを取り消し、より魅力のあるアクティビティに替えるとともに、接待レベルも全面的なグレードアップが図られている」と伝えた。


韓国の観光業界にとっては待ちに待った「雪解け」の兆しの到来。ただ、一度ネガティブになったイメージを払拭するのは簡単ではない。中国人観光客が大勢押し寄せる元の状況に戻るまでには、まだまだ長い時間がかかりそうだ。
http://news.searchina.net/



朝鮮日報は、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題をめぐる韓中の対立で中断した中国から韓国への団体観光が約260日ぶりに再開されたと報じた。北京を出発したツアー客32人はアシアナ航空機で2日午後、仁川国際空港に到着した。韓国観光公社は「限韓令」以降正式に団体ビザの発給を受けて入国した初の観光客だと説明している。3月15日に韓国へのツアー商品の販売を禁止した中国は、11月28日に国家観光局の指針として、北京市と山東省に限り、韓国へのツアーを認めると表明した。

仁川空港の入国審査場に「雪解け初の韓国ツアー」といった意味合いの「破氷韓国首発団」という歓迎の横断幕が掲げられた。ツアー客は4泊5日の日程で景福宮、南山韓屋村、仁寺洞、第3トンネルなど首都圏の観光地を回り、6日に帰国する。中国当局がロッテ免税店でのショッピングやロッテホテルへの宿泊などを禁止しているため、別の施設を利用する計画だ。旅行商品の価格は通常の半額以下の27万9000ウォン(約2万9000円)とされる。今回のツアーを受け入れたウィズ旅行社のチャン・ジョンソク代表は「観光局の許可が下りた直後、中国の旅行会社から急に連絡があった」と話した。

観光業界は「中国人観光客がTHAAD問題以前の水準を回復するまでの道のりはまだ遠い」と話す。昨年韓国を訪れた中国人観光客は807万人で過去最高だった。今年は400万人にも満たないと予想している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月05日 12:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp