韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本の自動車メーカーは、中国市場がなかったら生きていけない?

日本の自動車メーカーは、中国市場がなかったら生きていけない?

中国メディア・今日頭条は11月30日、日本の自動車メーカーは中国市場がなくなったら立ちどころに倒れてしまうかどうかについて論じた記事を掲載した。記事は「フォルクスワーゲンの9月の中国市場販売台数は31万台で、世界の販売数の52.2%を占めている。中国の消費者がひとたび買わなくなれば、このブランドは絶対に立ち行かなくなる」とした。

そのうえで、日本車についても「全世界で中国ほど日本車が売れている場所はいくつもない」「10月の中国市場における売り上げはドイツ車の約360万台よりも少ない約221万台となっているが、その絶対数は決して少ないものではない。日本車は多くの国でよく売れているが、購買力や販売データでは8年連続世界最大の自動車市場になっている中国に比肩する場所はない」と説明。「中国市場はフォルクスワーゲンだけでなく、世界的な8大ブランドを有する日本の自動車業界も養っているのである」と論じた。

記事は、日本車が中国市場に近い販売台数を持っているのは米国市場ぐらいであるとして米国市場の10月における販売台数を紹介。ホンダを例に取り、中国の12万2031台を上回る12万7353台が売れた一方、中国以外のアジア、オセアニア、南米、欧州におけるホンダ車の販売数はいずれも中国には及ばないとしている。


そして「わが国は、日本車にとってもっとも重要な買い主と言ってもちっとも過言ではない。中国の消費者が支持しなければ、日本車もフォルクスワーゲン同様に立ち行かなくなるのだ」と結んだ。
http://news.searchina.net/



中国の自動車メーカーの躍進が著しい。これまで中国の自動車産業といえば、GMやトヨタ、VW(など外資系の自動車メーカーと合弁を組み、生産技術を学ぶだけの立場だった。ところが、ここ数年の間に中国メーカーは飛躍的に技術を向上させており、日米欧との差は確実に縮まっている。中国の自動車市場は世界でも突出した規模に成長しており、中国市場におけるシェアは今後の自動車メーカーの業績を左右する。これまでは、もっぱら外資系メーカー同士の争いだったが、今後は、中国の国内メーカーという新しいライバルが台頭してくる。優秀な技術がウリだった日本メーカーにとっては、頭の痛い問題を抱えることになる。

これまで中国の国産自動車といえば、外国メーカーを模倣したものが多く、グローバル市場で高い評価を得ることはなかった。これは中国の国内市場においても同じことであり、中国人自身も、国内メーカーの製品よりも、GMやトヨタ、VWといった外資系メーカーの製品を好んで買っていた。日本メーカーの技術力が低かった時代には、日本国内でも圧倒的に外車の評価が高かったが、どの国でも、そしていつの時代においても、消費者は正直である。自動車に限らず、かつての日本製品は「安かろう悪かろう」と言われ、粗悪品の代名詞だった。しかし、日本企業はたちまち技術をキャッチアップし、電機業界を中心に欧米メーカーの多くが日本企業の躍進によって廃業に追い込まれた。

どんなに優れた技術でも、いつかはキャッチアップされるというのが歴史の法則である。ここ数年以内に、中国の国内メーカーが、トヨタやGMの強力なライバルになることはほぼ間違いない。2016年の世界新車販売台数は、1位がVWで1031万台、2位がトヨタで1017万台、3位はGMで1000万台、4位は仏ルノー・日産連合で996万台だった。5位以下には、韓国現代、米フォード、ホンダ、FCAなどが続くが、5位以下のメーカーの販売台数は上位4社に比べてかなりの開きがある。2017年の上期は、日産の傘下入りした三菱自動車の生産が回復したことから、ルノー・日産連合が首位となった。2017年は上位4社による寡占化がさらに進んでいる可能性が高い。自動車産業は典型的なグローバル・ビジネスであり、世界市場でのシェアは重要な意味を持つ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月05日 17:33 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
販売統計では
今年1-10月の中国新車販売は全体で4.1%伸びた。
で、この成長率以上に台数を伸ばしたのは、日系と独系。
日系が+14%、独系が+7%、成長率が下回ったのは、
民族系+3%と米国系+2.8%(韓国系はー39%で論外)
つまり、台数の成長分の大半は日独にもっていかれている。
民族系の伸び悩みは何故か、敵(日本車)を語るよりも、
おのれ(中国国産車)を知るべきではないか。

中国の自動車市場は、消費者の品選びの変化成長が
中国国産車の市場開拓に勝っていると思われます。
[ 2017/12/06 01:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp