韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍首相、習氏来日呼び掛けも中国は未回答

安倍首相、習氏来日呼び掛けも中国は未回答

2017年12月5日、米華字メディアの多維新聞は、安倍晋三首相が、来年の日中平和友好条約締結40年の節目に合わせた習近平(シー・ジンピン)国家主席の訪日を呼び掛けているが、中国はこれまでのところ返答していないと伝えている。

記事によると、安倍首相は4日、日中の経済界が東京都内で開いた会合であいさつし、「来年の日中平和友好条約締結40周年という大きな節目に当たり、私が適切な時期に訪中し、習主席にもできるだけ早期に日本を訪問していただきたい。ハイレベルな往来を通じて、日中関係を新たな段階へと押し上げていきたい」と述べた。

さらに中国が主導する経済圏構想「一帯一路」については「大いに協力できる」とし、「アジアの旺盛なインフラ需要に日本と中国が協力して応えていく。これは両国の発展にとどまらず、アジアの人々の繁栄にも大きく貢献する」と述べた。

安倍首相は先月11日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するため訪問したベトナムのダナンで習主席と会談した際にも、来年の自身の訪中と、習主席の訪日を要請している。
http://www.recordchina.co.jp/





日中首脳会談で習近平は笑顔だった。習近平政権の基盤強化により反日の必要がなくなったからだという解説があるが、違う。中韓合意文書にある通り、反日はもっと具体化している。ではなぜ笑顔だったのか? 11月11日、ベトナムのダナンで安倍首相と習近平国家主席が会談した。習主席は笑顔で安倍首相の方を向き、むしろ安倍首相の方が、またいつもの仏頂面をされるのではないかと警戒して、習主席ほどの笑顔を見せていなかった。それに対して正面を向いた習主席が不快な様子を見せるかと思ったが、なんと、笑顔。しかも穏やかな笑顔だ。

安倍首相も正面を向きながら、同程度の笑顔を見せた。これに関して日本の一部のメディアでは、「党大会が成功裏に終わり権力基盤が盤石になったので、反日姿勢を国内に示さなくとも、反対勢力に利用されることはないから」といった、またしても権力闘争を軸にした分析が見られる。このような分析をしていると、日本はまた同じ過ちを繰り返すことになる。習主席が笑顔を見せたのは、ひとえに一帯一路に日本を誘い込みたいからである。

日本を落せば、アメリカも落ちる。逆に、アメリカが落ちれば、日本は必ず慌ててアメリカに追随するだろう。だから、どちらか一国を落せば、習主席は中国が提唱する一帯一路大経済圏に、日米両国を従えることができるのだ。日米は中国がトップリーダーとして君臨している経済圏に「中国に従う形」で入ってくることになる。これこそが「中国の夢」であり、「中華民族の偉大なる復興」なのだ。アメリカに追いつき追い越すには、まだ時間がかかる。しかし、習近平政権の期間内に、中国が君臨する経済圏に日米が入ってくれれば、習主席は中国人民に「中国の夢を叶えた」と誇ることができ、「遂に中華民族の偉大なる復興を成し遂げた」として胸を張ることができるだろう。 中後もの思惑を見据えた安倍政権下での対応が見ものである。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月06日 11:21 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp