韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  アイフォーンXの耐久性とバッテリーがギャラクシーS8より劣る

アイフォーンXの耐久性とバッテリーがギャラクシーS8より劣る

アップルの最新のスマートフォンであり、アイフォーンの10周年記念作である「アイフォーンX」が、米最大消費者雑誌から「耐久性とバッテリーの寿命が他の競合製品に比べて劣る」という評価を受けた。

米最大消費者専門誌「コンシューマー・レポート」は5日、アイフォーンXに関する全体的試験結果を公開した。この雑誌は、「アイフォーンXは素晴らしいカメラと美しいディスプレイを持つ革新的製品だ」としながらも、「他の携帯電話はより頑丈でバッテリーも長持ちする」と評価した。

コンシューマー・レポートは、アイフォーンXの64GB(ギガバイト)モデルで実験後、長所と短所を明らかにした。長所としては、美しいディスプレイと優れたカメラ、便利な「フェイスID」(顔認識機能)を挙げた。一方、短所としては、割れやすいガラス材質、短いバッテリーの使用時間を挙げた。

この雑誌は、アイフォーンX3台をそれぞれ回転する小さな筒の中に入れて、2.5フィート(76.センチ)の高さから繰り返して落とす「タンブリングテスト」を行った。その結果、3台のうち一つは、100回落とした後、裏面のガラスに深刻な亀裂が発生した。残りの2台は、50回落とした後、ディスプレイが誤作動を起こし、ガラスは割れなかったものの、鮮やかな緑色の線が画面に縦方向に現れた。





バッテリー使用時間の実験でも、アイフォーンXは19時間30分で、ギャラクシーS8シリーズの26時間はもとより、アイフォーンの8プラスの21時間にも遅れをとった。コンシューマー・レポートは、アイフォーンXの具体的ランクは公開しなかったものの、アップル専門誌「アップルインサイダー」は9位だったと伝えた。これに先立って、10月に公開されたコンシューマー・レポートの評価ランクは、ギャラクシーS8が首位、S8プラスが2位、ギャラクシーS7が3位を占めており、アイフォーン8と8プラス、ギャラクシーノート8がその後を次いだ。
http://japanese.donga.com/

新しいデュアルパックのバッテリーには4つのプルタブが付けられてる。これはiPhone 8に使用されていた短いプルタブとよく似ているが、以前とは違う場所に付けられている。このバッテリー容量は10.35 Whで(3.81 Vで2716 mAh)、8 Plusの10.28 Whと比べると若干増量した。しかしながらGalaxy Note8 のモンスター級バッテリー12.71 Whと比べると足元に及ばない。デュアルパックデザインの目的は容量ではなく、スペースを有効活用する方法として導入された。バッテリーを2つに分割することでより自由な形状や配置箇所が可能となります。基板を縮小させることで、残されたスペースが最大限利用できる。j 耐久性と言う部分では分離型でどうなるのかは一概には言えない。加速試験の方法でも違ってくrのではと思うが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月07日 09:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp