韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国人観光客をひいきする韓国免税店、日本人観光客「歓迎されていない」

中国人観光客をひいきする韓国免税店、日本人観光客「歓迎されていない」

高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題で中国人観光客が街から姿を消した韓国。ここに来て中韓関係改善の兆しが見え、中国からのツアー客が久しぶりに韓国を訪れているようだが、中国人観光客がいない間、韓国の観光業界はどのような心持ちでいたのだろうか。

中国メディア・今日頭条は5日、韓国の免税点におけるあからさまな「中国人観光客びいき」が日本人観光客に不満を抱かさせているとする記事を掲載した。記事は、韓国紙・東亜日報の5日付報道を引用し「ある日本人観光客が訪れたソウルの免税店では、中国語だけで書かれている張り紙ばかりだったほか、店内放送も中国語オンリーだった。そして、優待イベントも中国人だけに対する善意に満ち溢れていた。『自分たちはソウルから歓迎されていない感じだ』と日本人観光客が思うのも無理はない」と伝えた。

そして、一部韓国メディアからは「韓国旅行にはもはや『韓国』のエッセンスはすっかり消え去ってしまい、中国人団体客の爆買いだけを狙ったものになっている。もし、THAADの問題に直面しなかったら、韓国の観光業がすでに退化しているという実際の状況は表に出てこなかったかもしれない」との指摘が出ていることを紹介した。また、中国一辺倒の状況を打開して市場の多元化実現を目指す韓国政府が中東や東南アジア、欧米からの客源開拓を提唱したものの、観光業界は冷ややかな反応を示したと解説。ある免税店従事者が憚る事もなく「中国人観光客はまた戻ってきたし、経営上の慣例を変える必要はないと思う」と語ったことを伝えている。





「厳冬の時期」を経験してきた韓国の観光業だが、それでもなお中国人の「爆買い」にばかり期待を寄せる業者が少なくないようだ。せっかく戻ってくる中国人観光客だが、「買い物以外におもしろいことがない」となれば客足はかつてほどには戻らないだろう。
http://news.searchina.net/

中国共産党機関紙・人民日報系国外ニュースサイトの海外網は5日、韓国では「爆買い」を目当てに中国人観光客を極端に重視する現象が続いており、日本人客からは「冷遇されている」との声が出ていると紹介した。韓国国内からも同現象を「構造的弊害」と指摘する声が出ているという。韓国を訪れる中国人客は、かつては中高年世代による団体旅行客が多かったが、2015年ごろには主に個人旅行をする20-30年代の若者層が訪韓中国人の過半数となるなど、中国人の韓国旅行の主力は個人旅行に切り替わっていた。しかし中国から韓国への団体旅行の途絶は、両国関係の冷え込みを象徴する出来事でもあった。

その後、11月末ごろには団体旅行が再開されるなどの報道も出始めた。一部の旅行団がキャンセルされたとの報道もあり今後の推移に不明な面はあるが、韓国では中国人客全体の増加を物語る現象とする観測が出ている。実際、11月20日から24日までの中国人による韓国入国の個人ビザ申請は前年同期比12%の2万1000件と、8カ月ぶりに増加したという。一方で、韓国の旅行業界は中国人客の減少で大きな打撃を受けたにもかかわらず、体質は改まっていないとの指摘もある。海外網は、韓国メディアの東亜日報の5日付記事を紹介。韓国を訪れた日本人客の一人は、免税店内の各種表示が中国語だけであり英語表示すらないことや、店内放送も中国語だけ、中国の銀聯カードで決済すれば価格が割り引きになるなど、中国人だけを極端に優遇する店の方針に「中国がいくら大きな市場と言っても、私はソウルに来て歓迎されていないような感じがした」と不満を示したという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月07日 10:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp