韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本の戸建てと比較すると、中国は鳩小屋だ!

日本の戸建てと比較すると、中国は鳩小屋だ!

国や住む地域が変われば住宅事情も変わってくる。日本でも都会と地方では違うが、日本と中国ではその違いはさらに大きい。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国と日本の住宅を比べたうえで、「日本人は一戸建てに住めるというのに、なぜ我々は鳩小屋に住んでいるのか」という記事を掲載し、日中の住宅事情の違いについて紹介している。

まず記事は、中国の写真を掲載している。そこには中国の一般的な住宅の風景として、10階建ての建物が建ち並んでいるなかに40階建ての高層マンションが建っている様子が写っている。次に日本の一般的な住宅地として、2階建ての戸建て住宅が建ち並んでいる新興住宅地の写真を掲載。これらの写真から分かる「日中の住宅事情の決定的な違い」は、日本では低層階の家に住むことが可能であるのに対し、中国では農村でない限りはマンションに住まざるを得ないことであると紹介した。

続けて、「日中の住宅事情に決定的な違い」が生じるのは、日中の土地をめぐる制度に根本的な違いがあるためと紹介。中国の土地は公有制であるのに対して、日本の土地は個人の財産の一部分とみなされていて、土地の所有権利を購入すれば、永久的にその土地を使用することができるので、多くの日本人は自分の土地に戸建て住宅を建てることを好むと伝えた。





さらに記事は、都会の会社に勤めていたとしても、郊外であれば土地の値段も安くなるし、日本の交通事情は良いので郊外であっても十分に市街地に通勤可能であることを指摘。つまり日本は中国に比べて戸建て住宅に住むことがより容易な環境にあると指摘した。 ほかにも記事は、日本は地震の多い国なので、建物の耐震規準が高くなっていることも高層ビルが少なく、戸建て住宅が多い理由の1つであることを紹介した。国や地域によって法律や気候が違うと同時に住宅事情も変化してくるものだ。中国でも農村部に行けばモルタルやレンガ造りの一軒家を見ることができるが、土地はやはりその家に住む人のものではなく、中国ではたびたび土地の強制収用が問題となっている。
http://news.searchina.net/

一方で、中国最大級の都市の郊外に広がる不毛の地に、高層ビルが建ち並んでいる。いつの日か、これらの未来的な高層建築は政府が村から都会へ移住させようとしている約2.5億人もの人々を収容することになるだろう。だが、現段階ではすべてが空っぽだ。ゴーストタウンのようだ。中国の移住計画は、田舎の貧しい地域に住む人々に健康管理や学校教育、仕事を提供することを目的にしている。人々が“都会”に出てきてくれるよう、政府は田舎の土地を買い上げ、40階建て以上ものタワーマンションへの移住に助成金を出している。

打ち捨てられた文明や突然すっかり空っぽになってしまった街の悲惨な光景に見える。もっとも実際に起きているのはその逆のことで、中国はこの郊外を人で溢れさせ、多くの人を居住させようとしているのだが…。 そこにきてマンションの建築不正やら強度不足で崩壊もある。中国富裕層が日本の不動産に目をつける理由でもある。中国も不動産経済をしっかりしないと、自国経済の足かせになりかねない。まして地方債務は大赤字である。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月07日 17:41 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp