韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国はどれだけの日本の作品をパクってきたのか

韓国はどれだけの日本の作品をパクってきたのか

2017年12月7日、騰訊網は、「韓国はどれだけの日本作品をパクってきただろうか」とする記事を掲載した。 記事は「韓国の文化コンテンツは世界的な人気を集めているが、近年では一部作品がネット上で日本の作品のパクリではないかとの疑惑をかけられてきた」としたうえで、疑惑が生じた作品を紹介している。

まずは、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。ガッキーこと新垣結衣の可愛らしさと、エンディングの「恋ダンス」が一世を風靡(ふうび)した。しかし、韓国で今年10月に放送開始した「この人生は初めてなので」というドラマにパクリ疑惑が浮上。同作は結婚を急ぐ女性と草食系男子が結婚という名目上一つ屋根の下に住むという似たような設定で、日本のネットで多くの類似点が取り沙汰された。

次は、アニメ「ワンピース」だ。日本のみならず、世界でも人気を集める日本の作品の一つだが、2013年に日本のネット掲示板で「Wa Peace(ワピース)」なる韓国のフラッシュアニメ作品画像が掲載された。画力はともかく、同人作品と間違える人がいたほどキャラクターがそっくりだった。

続いて、アニメ映画「千と千尋の神隠し」。2001年に公開された同作品はジブリ作品はもちろん、日本の映画史上最高の興行収入を記録。03年にはアカデミー賞最優秀長編アニメ映画賞も受賞した。韓国では2016年に「月光宮殿」というアニメ映画が公開されたが、13歳の少女が月光宮殿に迷い込むストーリーと、劇中に登場するキャラクターが「千と千尋の神隠し」と似ているとの指摘が出た。





そして、任天堂のゲームからアニメ化され、世界的なブームを起こした「ポケットモンスター(ポケモン)」。韓国のゲーム「POWERMON」に登場する主人公やモンスターのキャラクターが「ポケモンそっくり」だと指摘された。 記事はこの他にも「スラムダンク」「ドラえもん」「ドラゴンボール」といった作品もかつて韓国で「そっくりさん」が出現したと紹介している。
http://www.recordchina.co.jp/

2016年9月16日、韓国のインターネット掲示板に「僕がすぐに思い付く、韓国が日本からコピーしたもの」とのスレッドが立ち、スレッド主が考える20の項目を以下のように列記した。

1.サッカー(蹴球)、バスケットボール(籠球)、野球、バレーボール(排球)の語 2.鶏卵、無鉄砲などの語  3・4はラーメン、カップラーメン  5.コンビニの弁当文化  6.信号が変わる時の音  7.グレンジャー(現代自動車のセダン)など90年代の車のデザイン  8.全プロサッカーチームのユニホーム。蔚山現代はガンバ大阪から、全南ドラゴンズは名古屋グランパスから。  9.全プロ野球チームのユニホーム。ロッテジャイアンツは読売ジャイアンツから、サムスンライオンズは西武ライオンズから。  10.サッカーのサポーターの掛け声  11・12はいずれも韓国のテレビで人気の「プロデュース101」(オーディション番組)、「無限挑戦」(バラエティー番組)  13.箸でごはんを食べる習慣  14.「月光宮殿」(「千と千尋の神隠し」の盗作と指摘されている)などのアニメ 15.「ポケモンGO」に対抗し韓国で制作が検討されているゲーム「ポロロGO」  16以降は、日本が元祖とされる「えびせん」などの菓子やラーメンが挙げられた。

日本統治の歴史から日本製造業から技術伝授が実施され、同時に技術特許パクリも多いわけで、今の韓国企業技術の土台は日本であり、また文化にまで及んでいる。これが日本を超えられない壁となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月09日 09:52 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
基地外朝鮮人に世界的な常識を求めるのは無理! 近親相姦血統の異常民族チョン
[ 2017/12/25 15:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp