韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  2017年の韓国を振り返る、「苦難に満ちた1年」

2017年の韓国を振り返る、「苦難に満ちた1年」

2017年12月6日、新華網は2017年の韓国を振り返り、「苦難に満ちた1年だった」と伝えた。

韓国の2017年は、2016年末から続く「打倒朴政権」の混乱の中で始まった。一連の不祥事を起こした朴槿恵(パク・クネ)大統領(当時)は3月に国会で弾劾訴追が決まり、罷免。任期途中で失職した。

朴大統領の問題では捜査が拡大し、サムスングループの経営トップでサムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)氏が贈賄罪などで懲役5年の有罪判決を受けたほか、金寛鎮(キム・グァンジン)元国防部長官が軍刑法違反の容疑で逮捕されるなど、国全体が揺らいだ。

5月に文在寅(ムン・ジェイン)氏が新大統領に選出されたが、北朝鮮問題で対応に苦しむことになる。文大統領は対話による解決を強調したが、北朝鮮のミサイル実験が続くなど望ましい方向には向かわず、日米の強硬姿勢に流されることとなった。

そうした中、周辺国や国民の反対を押して在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の追加配備を決めたことで、周辺国との関係が一気に複雑化した。





文大統領は大統領選挙での得票率が41.08%と過半数に届かなかった。そのため、政策決定には国内の政治情勢や国民の意見など多くの要素を考慮する必要があると記事は指摘。 韓国は国内外にさまざまな問題を抱えており、2018年6月の地方選挙は今後の政権運営を占うものになると伝えている。
http://www.recordchina.co.jp/

韓国企画財政部は8日発表した経済動向報告書(グリーンブック)12月号で、最近の韓国経済について、「世界経済の好調に伴う輸出増加などを追い風に、全般的な回復の流れは続いている」と判断した。前月引き上げた景気判断を維持したといえる。10月の設備投資は前月に半導体製造装置が導入された反動で14.4%減少、建設投資は社会インフラ予算の執行額が増え、3カ月ぶりの増加となった。 11月の輸出額は半導体や石油製品など主力品目の好調で前年同月比9.6%増加した。13カ月連続のプラス。

半導体の懸念は、早急にシェアを奪われない様に対応する必要がある。中国企業が来年以降大きな圧力となる。韓国経済を維持するならば、半導体製造を不動にする必要がある。同時に低価格スマホ販売戦略を見直すことである。数量確保の意味をしっかりと認識することである。自社CPUがあるのだから、同コストで中国企業より性能が低いのでは問題だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月10日 09:57 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
文在寅大統領の無能ぶりが暴露された1年であった
朴槿恵前大統領も無能であったが輪をかけて無能であった。
しかも、その被害はどんどん拡大されていく。
2018年は文在寅大統領に対するロウソク集会が始まるだろう。

[ 2017/12/10 10:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp