韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国のお店にある日本商品の値札を見て、日本に行く理由が分かった

中国のお店にある日本商品の値札を見て、日本に行く理由が分かった

中国メディア・今日頭条は6日、「中国国内の店で売られている日本商品の価格を見て、中国人がどうして日本に買いに行くかが分かった」とする記事を掲載した。

記事は「多くの人が、中国で売られている日本の化粧品は値段が高すぎると不満をこぼしている。中には売り場で日本の化粧品のプライスカードをこっそり撮影して公開する人もいる。そして、価格を見て、驚きの高さにため息を禁じ得ないのである。どれも日本の市場価格の倍から4倍程度。輸入代行を利用したり個人で輸入したりしても、そんなに費用はかからない」としたうえで、日本の売り場と中国の売り場における同じ日本商品の販売価格を比較している。

まずは、花王の「めぐりズム 蒸気でアイマスク」を取り上げた。日本のドラッグストアでは690円と表示されているのに対し、中国ではセール価格で89元(約1520円)だったと紹介。「めちゃくちゃ高いというわけではないが、日本での価格に比べたらやっぱり差がある」と評した。

続いてはクラシエの「肌美精 うるおい浸透マスク (ひきしめ)」だ。日本のドラッグストアは税込み698円となっているのに対して、中国では98元(約1680円)となっている。「1箱に4枚しか入っていないのにこの高さはなんだ。そりゃあ日本の売り場では品切れが相次いでいるのに、国内ではさして人気がないはずだ」と解説している。





記事はこのほか、日本では200円程度、安いところでは100円台前半で売られているライオン「クリニカ マイルドミント」歯磨きが中国では49元(約840円)、日本で400円程度の資生堂「専科 パーフェクトホイップ」洗顔料が中国で43.8元(約750円)、日本で700円程度の資生堂「TSUBAKI ダメージケアシャンプー」が中国では108元(約1850円)で販売されている様子を紹介した。 そして、最後に「どうりで、中国人が日本に行ってたくさん買い物をするわけだ」と結んでいる。
http://news.livedoor.com/

「中国の税制に起因する内外価格差」というがのある。つまり、「中国の現在の税制では、ある商品を中国で買うよりも、日本で買って持ち帰ったほうがかなり安い」ということである。日本が免税品(日本に住んでいない外国人が国内で買い物をする場合、一定の要件を満たしていれば消費税や関税を払わなくてよい商品)の対象を拡充していることもある。 中国人が「爆買い」する商品には、「化粧品・香水」「電気製品」「時計」「カメラ」などが上位に挙げられる(観光庁「訪日外国人消費動向調査(2014年)」から)。これらが上位に挙がる理由としては、日本製品のブランド力や品質の高さ、円安による割安感、免税品枠の拡大があることはもちろんだが、それだけでは、中国人以外の観光客が買い物にかける金額と比べたとき、中国人が際立って突出していることの説明にはならない。中国人以外にとってもほぼ同様のメリットがあるからだ。

「同じ商品でも日本で購入すると本当に安い。たとえば化粧品は日本で買うと半額くらいになることもあります」。これは何故なぜか。ここでは、中国の「関税」「増値税」「贅沢品などにかかる税」の3つの税がカギとなる。まず、「関税」。中国では化粧品を海外から輸入するのに6.7%の関税がかかる。これに対して、日本へやってきて化粧品を買えば関税はかからない。 次に、「増値税」。これは日本で言う消費税に相当する。中国では化粧品に限らず、ほとんどの商品に17%の増値税がかかるのである。 加えて中国では、二重課税の形で贅沢品などに税がかかる。たとえば、化粧品や香水には30%が加算される。少しややこしい話だが、中国ではこの贅沢品などにかかる税のことを「消費税」と呼んでいる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月10日 10:52 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp