韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  漂流した北朝鮮の船員、北海道の無人島から電気製品など持ち去る

漂流した北朝鮮の船員、北海道の無人島から電気製品など持ち去る

2017年12月10日、中国メディアの新京報は、漂流した北朝鮮の船員が北海道の無人島から電気製品などを持ち去ったと伝えた。

記事は、日本メディアの報道を引用し、11月28日に舵(かじ)が故障して漂流していた北朝鮮の木造船が、北海道松前小島に漂着したと紹介。その際、船員らは避難小屋で休息した後、家電など金目の物を持ち去ったと伝えた。

その後、日本の巡視船が木造船に近づいた際、船員らは「後ろめたさを感じて、一部の家電などを海へ捨てた」と記事は紹介した。日本の報道によれば、その後3人の乗員が窃盗の疑いで逮捕されている。

このニュースに対し、中国のネットユーザーから「悪の元凶は貧しさだな」「貧困は邪悪でいやしい行動の最良の土壌となる」など、貧しさゆえだとのコメントが多く寄せられた。

また、「北朝鮮は社会主義国家なのに、なんでごろつきと同じようことをしたんだ?」と疑問に感じるユーザーがいる一方で、「これが社会主義の精神だ。なにもおかしくはない」というユーザーもいたが、社会主義体制に対する皮肉を込めているようだ。

スポンサードリンク



ほかには、「日本の刑務所に入りたいと直接言えばいいのに」「日本の刑務所に連れて行っちゃだめだ。北朝鮮の船員にとってはごちそうの日々となる」と、日本の刑務所の待遇の良さを指摘するコメントや、「これが中国の漁民であっても同じことをしたのではないかと思う」という意見もあった。
http://www.recordchina.co.jp/

北朝鮮から来たとみられる男性10人が乗った木造船が荒天のため避難した北海道松前町の無人島で、灯台のソーラーパネルや漁協の施設から家電製品などがなくなっていたことが4日分かった。第1管区海上保安本部と道警は、盗まれた可能性があるとみて調べている。 木造船の乗組員からも任意で事情聴取し、関連がないか調べている。 松前町や道警などは4日、同町の漁協が管理する施設を確認。小屋の玄関の鍵がこじ開けられ、家電製品やバイクなどがなくなり、室内は荒らされた状態だったという。木造船からは日本製の家電も見つかっており、道警は乗組員が関与した可能性もあるとみて調べている。

この日は午前11時ごろ、白い防護服に身を包んだ道警と海保の約10人が島に上陸し、小屋や灯台施設を調べた。防護服は感染症予防のために着用したという。 第1管区によると、松前小島灯台の明かりに使うソーラーパネルの一部が外され、島内の避難港の付近で見つかったという。灯台の近くにある施設の鍵も壊されており、施設から紛失したものがないか調べている。 これまでの調べに10人は、9月に北朝鮮を出港し、約1カ月前に船のかじが壊れて漂流したなどと説明している。海保は木造船を函館港沖にえい航し、立ち入り検査している。

北朝鮮からさらに多くの木造船が押し寄せる可能性もある。これが有事の時であれば、数十万人以上が押し寄せる。考えただけでも恐ろしいが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月10日 17:05 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp