韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  金正恩氏の中朝国境地域視察は「斬首作戦」避けるため?

金正恩氏の中朝国境地域視察は「斬首作戦」避けるため?

2017年12月9日、米華字メディアの多維新聞によると、米韓軍事演習が過去最大規模で行われる中、北朝鮮の最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏が首都・平壌を離れ中国との国境に近い地域を視察したことについて、金氏らの暗殺を含むいわゆる「斬首作戦」を避けるためではないかとの見方が出ているという。

米韓両軍の合同演習は4〜8日まで、米国の最新鋭ステルス戦闘機F22やF35など航空機約230機と約1万2000人の米軍兵力などが参加し過去最大規模で行われた。

また韓国軍は金氏ら北朝鮮首脳部の除去を任務とする1000人規模の「特殊任務旅団(斬首作戦部隊)」を1日に創設したと伝えられている。 こうした中、金氏は3日と6日にそれぞれ、慈江道満浦市の鴨緑江タイヤ工場と両江道三池淵郡のジャガイモ加工工場を視察した。

韓国紙・朝鮮日報は「金正恩氏はやはり米国のステルス機を意識している」との見方が出ているとした上で、消息筋の話として「慈江道と両江道には中国につながる待避路があり、また山奥には地下トンネルもあるため、奇襲攻撃などに備えやすいのだろう」と伝えている。
http://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク



暗殺の実行犯になる人物は、失敗すれば自身も確実に死ぬ。いかにCIAとはいえ、協力者を見つけるのは容易ではない。前出のウールジー元CIA長官が言う。「まず金正恩に直接会うことができる人物は、本人によって厳選され、徹底的な捜査・身体検査を受けています。北朝鮮国内にいて、少しでも不穏な動きを見せた政権幹部や軍の幹部はすでに拘束されているか、粛清されているのです。

内心で金正恩の暗殺を企てている人物は常にいるでしょう。CIAが間接的に金正恩暗殺を実行するならば、まず情報収集が重要になりますが、脱北した元外交官などが持っている情報が最新のものであるとは限りません。一方でトランプ大統領は、表面的には金正恩に対して強硬な発言を繰り返しているが、意外にも「斬首作戦」実行には後ろ向きだという。「金正恩ひとりを暗殺するだけなら、トランプ大統領は単独で決断することができます。でも、すぐにはやりたくない。

なぜなら、今のような緊張状態が続いてくれたほうが、アメリカの軍需産業には旨味があるからです。実際、トランプ大統領は韓国に配備したミサイル迎撃システム『THAAD』の費用10億ドル(1100億円)を負担しろ、と韓国政府にふっかけています。できる限り危機を煽って、韓国や日本に兵器を買ってもらいたい。トランプ大統領は根っからのビジネスマン。暗殺してしまうと儲からなくなるし、支持率アップにも利用できなくなる」(前出・米政府関係者)

また中国側は米国とは違うだろう。金正恩を狙ってすでに動いているのではないか。米国が揺さぶり中国が仕留める。密約でもあるのではと言う気さえするが。ロシアの立ち位置はどうなのか。こちらも気になる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月10日 17:19 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp