韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本と中国、どちらも行ったことのある外国人が好きなのは?

日本と中国、どちらも行ったことのある外国人が好きなのは?

中国メディア・今日頭条は8日、「外国人が中国と日本を比較した時、どちらの国により行きたがるだろうか」とする記事を掲載した。東アジアに詳しくない欧米の人から見ると日本も中国も韓国も「似たようなもの」と感じがちのようであるが、実際に日本と中国を訪れたことのある人たちはどのような印象を持っているのだろうか。

記事は、日本と中国の両方を訪れたことのある外国人による回答を箇条書きで紹介。その結論として「われわれは認めたくないのだが、大多数の外国人は日本のことをより好んでいる。特に短期旅行者の日本に対する印象は非常に良く、清潔で空気がきれい、秩序がある、礼儀正しいといったコメントが並んだ」と伝えている。確かに紹介された物を見てみると、日本に対する好印象を述べているものが多く見られる。

しかし一方で、中国が持つ魅力についても少なからぬ外国人が言及している。「働くなら中国を選ぶ。日本の仕事環境はひどいし、給料はボーナス頼み。香港や上海の方が快適な環境で高い報酬を得ることができる」、「日本は古代中国を模倣したに過ぎない。中国がすごいのは、東西南北で大きな違いがあることだ」、「中国は常に刺激を与えてくれるが、日本は平淡」、「中国に住むなら中西部の小都市がいい。空気が綺麗だし、生活リズムもゆったりしている」、「中国は物価が安く、便利。そして活発的で効率が高く、社会の変化が速い。現代化を享受できるのが中国の最も好きな点」といったコメントが並んだ。





回答を寄せた外国人の多くは「個人の性格や、ショートステイか長期滞在か、学生・ワーカーなど、どんな身分で訪れるかによって日本が良いか中国が良いかが異なってくる」という見方を示している。彼らの意見は、一言でどっちが良いか、どっちが悪いかを断じてしまうのはあまり意味を持たないことであり、両国ともにそれぞれ長所と短所、そして、個性を持っているのだ、ということを物語っているのかもしれない。
http://news.searchina.net/

押し寄せ始めた外国人は、日本のどこに向かうのか。観光庁の宿泊旅行統計を探ると、地域差が見えてくる。都道府県別の延べ外国人宿泊者数は、やはり東京都がトップ。ただ、伸び率に注目すると地方への広がりがわかる。 15年(1―10月)を前年同期と比べると、佐賀県が伸び率で1位になった。増えた背景のひとつが映画やドラマロケの誘致。佐賀県鹿島市などで撮影されたタイの映画が14年に同国で公開されて以降、ロケ地を訪ねるタイ人観光客が増えたという。伸び率2位の三重県は、16年5月に開いた主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で注目された場所だ。ここ数年は伊賀流忍者博物館(伊賀市)を巡るツアーが人気だという。

国・地域ごとに日本を訪れる都道府県を調べると、2014年の数字では「2位」に違いが出た。韓国や中国からは、比較的距離が近く、レジャーや買い物、飲食のスポットが集まる「大阪」へ。米国、カナダ、英国といった欧米の先進国からは、日本の歴史を感じられる「京都」へ。シンガポールやタイなど雪の降らない国々からは、スキー観光を兼ねた「北海道」へ向かう観光客が多い。一方で中国との比較では、公害の多い中国に行くこと自体が論外だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月11日 10:41 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp