韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本の記者が震撼、アフリカで中国製のすごさ目の当たりに

日本の記者が震撼、アフリカで中国製のすごさ目の当たりに

2017年12月10日、鳳凰網は、アフリカを訪れた日本の新聞記者が現地の「中国製品」に衝撃を受けたとするコラム記事を掲載した。記事は、「アフリカ各国を巡った日本の新聞記者が、現地での中国製品の販売状況に震撼した」とし、「彼らは、アフリカの街を自動車で走ると沿道で非常にたくさんの中国企業の看板を見かけることに気づいた。工作機械、家電、デジタル製品、各種部品の販売拠点や生産工場、さらには中国資本のホテルなどだ」と紹介した。

そして、「中でも最も日本人を驚かせたのは、携帯電話を販売している建物だ。ここのショップに入る店はいずれも深センのメーカー・Tecno(伝音)の看板を掲げている。驚きの対象は、このブランドがアフリカで40%の携帯電話シェアを得ていることではなく、この携帯電話に表れている中国のイノベーション思考だ」と指摘。「同社の製品は、黒人に適した自撮り機能や充電場所の不足を考慮した大容量バッテリー搭載など、アフリカ市場向けの機能を数多く盛り込んでいる。本体の背面にスピーカーを備える音楽重視の機種もある。これは、世界の他のメーカーが軽視してきたことだ」とした。

記事によると、同社の携帯電は今年上半期だけでアフリカ市場で5000万台売れ、年間販売数は1億台を突破する見込みだという。記事は、「これは驚異的な数字。一方で、建物内で日本メーカーの製品を見つけることは難しい。中国人はアフリカで、自分たちには必要のない機能を開発しているが、それは日本人には到底考えつかないことである」と論じている。
http://www.recordchina.co.jp/





世界には様々なジョークがあるが、そのなかには社会の現実を見事に描き出しているものもある。中国メディアの今日頭条はこのほど、「アフリカに伝わるジョーク」を紹介しつつ、アフリカにおける日本車の圧倒的な強さについて説明している。 アフリカに伝わるジョークとは、ある母親が子どもに「神様はどこに住んでいると思う?」と聞くと、子どもは「神様がすべてのモノを創造したのであれば中国に住んでいるに違いない。なぜならモノはすべてメード・イン・チャイナだから」と答えたというものだ。

これはアフリカでも中国製が大量に流通していることを示すジョークだが、それだけメード・イン・チャイナがあふれているにも関わらず、アフリカで儲けることに成功しているのは日本の自動車メーカーだと主張している。例えばケニアでは、路上を走っている自動車の95%は日本車であり、その80%以上はトヨタだと説明している。

またアフリカ人の給与水準から見て日本の中古車の価格は非常に魅力的であると説明、一方で中国メーカーの自動車を見かけることは少ないとも指摘した。自動車という高額な製品を購入する際、アフリカの人びとは見た目などより、信頼性が高く、故障の少ない車を購入しようとするはずだ。アフリカにおける圧倒的なシェアはまさに日本車の信頼性の高さを示す事例と言えるだろう。

一方で、サムスン電子が、南アフリカのケープタウンでアフリカフォーラムを今年初めに開催した。 サムスンフォーラムはサムスン電子がグローバル各地域の特性にあう新製品を現地の取引先に公開する行事だ。サムスン電子のモデルたちがQLED TVを紹介している。 QLED TVは今年初め、「CES 2017」で公開した製品で、最先端の新素材のメタルクオンタム・ドット技術をそのまま適用したが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月12日 10:36 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp