韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  急激に変化する中国は「世界の工場から脱却し始めている」

急激に変化する中国は「世界の工場から脱却し始めている」

世界の工場と言われてきた中国。今もさまざまな製品が中国で作られ、世界に向けて輸出されている。中国製品といえば「安かろう、悪かろう」というイメージがあるが、近年そのイメージも変化してきているようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、韓国が「中国は世界の工場から脱却し始めている」と危機感を強めていると伝えている。

記事は、韓国では「中国が世界の工場から脱却し、通信技術などの分野で急激に成長してきている」と報じられていることを紹介。これまで韓国経済にとって輸出などで「お得意様」だった中国が、さまざまな分野で技術力を高め、「競合」に変貌しつつあることに韓国では懸念の声が高まっていることを紹介した。

さらに、中国政府が経済発展を推し進めている経済特区である広東省の海珠などの地域では、次々に新しい通信技術関連の会社が立ち上がっていることを紹介し、中国でキャッシュレス社会が急激に進展しているように、一部産業ではもはや世界をリードするまでになっていると指摘。また、無人のコンビニのみならず、飲食店やホテル、金融、医療、交通などの分野にITが広く活用されていて、こうした光景は韓国では見られないものであると強調した。


中国では近年、日本や韓国から優れた人材の引き抜きを加速しているほか、海外で活躍していた中国人ビジネスマンが中国に戻る動きも加速していると言われる。海外で働くより、中国国内の方がチャンスも多く、成功した時の見返りも大きいためだろう。こうした動きが中国の各分野における技術の急激な発展に大きな影響を与えている。 記事も言及していることだが、中国では凄まじい勢いでキャッシュレス社会が浸透していて、今や現金で物のやり取りをしているのは高齢者か外国人だけといった状況だ。
http://news.searchina.net/



パリ協定を離脱したアメリカの代わりに中国が世界を牽引するリーダーとして名乗りを上げているような報道もあるが、パリ協定というのは環境保護を目的としたものだ。中国が環境保護というテーマで世界を牽引する資格があるのかと問われれば、全くない。中国が行っている対外インフラ投資も、ミャンマーのミッソンダム、ニカラグア運河など、環境破壊から多くのプロジェクトが地元の反対にあい、中断に追い込まれている。大気汚染によるPM2.5で北京から脱出する人々が出ている。

中国政府は大気汚染対策を早期に実施し、改善を図るとして石炭の使用量を制限したり、世界一の風力発電設備を整えたりしていますが、実態はあまり変っていない。また、水質汚染も改善されることはなく、中国の水は相変わらず汚いままです。しかし、それ以上に深刻なのは土壌汚染です。記事によれば、広州市では工場から排出された汚染水が水田に入り、多くの家庭で「カドミウム米」を食べているという。

カドミウムが入った食品を日常的に食べれば、腎臓障害、肺疾患、骨の異常、癌などを引き起こします。しかし、こうした土壌汚染は目に見えにくく、食品をいちいち検査しなければ気が付かずにやり過ごしてしまいます。悪影響が出るのは数年後または十数年後のため、原因も特定しにくいのが土壌汚染です。そうしたことを分かっていながら、土壌汚染対策を推進せず、企業の利益だけを追求することに目をつぶっているのが中国政府だ。国民の健康よりも企業の利益のほうが優先される。それが中国だ。

工場は中国外に建設し、多くの中国人は海外工場勤務となる日も近い。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月12日 10:46 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
紙幣不信
話を要約すると、
中国では需要が活発なものが国内生産されており、
一番は決済電子化の関連装置。理由は自国の紙幣が
信用できないから。
[ 2017/12/12 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp