韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本の発展ぶりと比較してみると、韓国が大きく遅れていることが分かる

日本の発展ぶりと比較してみると、韓国が大きく遅れていることが分かる

中国メディア・今日頭条は9日、「日本がどれだけ発展しているか見てみよう、韓国との差はとても大きかった」とする記事を掲載した。記事は、「今の時代、韓国に対して先輩面を吹かせる日本の若者は少ないようだが、日本の全体的な国力はなおも大きく韓国をリードしているのだ」としたうえで、主に経済的な部分から日本と韓国の状況を比較している。

まず、「経済規模では韓国は日本の5分の1にも及ばない。1人あたりGDPでも韓国は日本の半分に満たない。また、日本の労働生産率は米国にほぼ匹敵する水準で、科学研究能力も世界トップレベル。2000年以降、すでに10人の科学者が自然科学系のノーベル賞を獲得している。一方で、これまで韓国でノーベル賞を受賞したのは、金大中元大統領の平和賞だけだ」とした。

また、日本はバブル崩壊後に強力な経済回復を見せていないももの、国民経済の発展レベルは安定して世界のトップにありつづけ、イノベーション能力が高く、時代をリードする製品の開発や、新たな世界市場の方向性を切り開く能力を持っていると説明。これに対して韓国は、新たな出現した製品や市場トレンドを速やかに模倣して成功を収める一方で、自ら新たな市場トレンドを生み出したり、画期的な製品を開発した経験が無いと指摘した。





そして「韓国の模倣能力は素晴らしいが、イノベーション能力では日本がはるか先に行っている。日本は民用科学技術も非常に発達していて、ロボット技術や高い画素数のデジタルカメラなど、日常生活において科学技術の力を感じることができるのだ」としている。
http://news.searchina.net/

国内総生産となるGDPとは、 国内で新しく生産された商品やサービスの付加価値の総計をいう。 一国の国内の経済活動の規模や動向を総合的に示す指標として用いられ、GDPの伸び率がいわゆる経済成長率に値する。 国内総生産には名目国内総生産(名目GDP)と実質国内総生産(実質GDP)があり、実質GDPは、名目GDPから物価変動の影響を除いたものをさす。国内には家計、企業、政府の三種類の経済部門があり、それとは別に外国という経済部門がある。また財・サービスの市場、要素市場、金融市場の三種類の市場がある。企業が自身の(中間ないし最終)財・サービスを作るために別の企業から買い取る財・サービスを中間財・サービスといい、それ以外の財・サービスを最終財・サービスという。

生産額による定義は、国内で一定期間(たとえば一年間)に生産された全ての最終財・サービスの総額として国内総生産を定義する。企業によって生産された最終財・サービスは、誰かが自身のお金を支出して買い取るか、あるいは生産した企業が在庫として抱え込む。在庫は「将来売るための商品」であるから、企業の将来への投資支出の一種とみなせる。従って生産された最終財・サービスは最終的に誰かの支出となる。よって生産額による定義は支出による定義と一致する。財・サービスXに対し、Xの売上額からXを作るのに使った中間財・サービスの値段を引いたものをXの付加価値という。国内総生産の定義より明らかに、国内総生産は(中間または最終)財・サービスの付加価値の合計に等しい。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月12日 18:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp