韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  画期的な巡航ミサイル導入も…なぜか腰の引けた政府説明

画期的な巡航ミサイル導入も…なぜか腰の引けた政府説明

政府が長射程の巡航ミサイルを導入する方針を決めた。航空自衛隊の戦闘機に搭載する対地・対艦ミサイルとして、防衛省が平成30年度予算案に関連費用を計上する。弾道ミサイルの発射元をたたく「敵基地攻撃」にも活用できる装備だが、当の防衛省は「敵基地攻撃が目的ではない」と必死に否定する。画期的な新装備導入を決断した割には腰が引けた説明がちぐはぐな印象だ。

「あくまでわが国防衛のために導入するもので、敵基地攻撃を目的としたものではない。敵基地攻撃能力は日米の役割分担の中で米国に依存しており、今後とも日米の基本的な役割分担を変更することは考えていない」。 小野寺五典防衛相(57)は8日の記者会見でミサイル導入を発表した際にこう述べ、事前に練り上げた答弁要領に沿って「敵基地攻撃が目的ではない」との見解を強調した。

導入するミサイルは3種類だ。「JSM(ジェイエスエム)」はノルウェー製で、対艦と対地の両方に使える。最新鋭ステルス戦闘機F35Aに搭載し、33年度中の導入を目指す。米国製の「JASSM(ジャズム)」は対地用で、「LRASM(ロラズム)」は対艦がメーンだが対地攻撃も可能だ。ともに射程は900キロで、F15戦闘機かF2戦闘機への搭載を念頭に、機体改修の調査を30年度に行う。 これらのミサイルの導入がインパクトを持つのは、これまでにない長射程の攻撃が可能になるからだ。





例えば空自の対艦ミサイルASM2は射程170キロとされ、JSMなら約3倍、JASSMやLRASMでは5倍以上に延びる計算だ。対地ミサイルなので当然、敵国の領土内のミサイル基地などを攻撃する目的でも使える。計算上は、日本海の真ん中あたりから撃てば、北朝鮮の全土が射程に収まる。

しかし防衛省は、敵基地攻撃との関連性を強く否定する。取得目的として「敵の探知範囲や射程といった脅威圏外から、わが国に侵攻する水上部隊や上陸部隊に対処することで、より効果的かつ安全に各種作戦を行うことが可能になる」(小野寺氏)として、あくまでも敵の侵攻を防ぐ「守り」にフォーカスした運用を強調する。
http://www.sankei.com/

射程数百キロのJSMは空自が今年度中に配備するステルス戦闘機F35への搭載を念頭に、ミサイル本体や搭載に必要なシステム改修の予算計上で調整している。 防衛省は島しょ部に敵国軍が侵入した後の奪還作戦で、敵のミサイルが届かない空域から地上や艦艇を攻撃することを想定。日本の防衛の基本的な方針である専守防衛の範囲内との立場だ。一方で、北朝鮮がミサイル発射を繰り返してきたことを受け、自民党国防部会などは敵基地攻撃能力の保有検討を求めてきた経緯がある。実質的にこうした能力の保有を狙ったものとの批判が出そうだ。政府は、敵基地攻撃については「他に手段がない場合、法理的には自衛の範囲に含まれる」と解釈してきた。 小野寺五典防衛相は5日の記者会見で「敵基地攻撃能力は米国に依存している。自衛隊は敵基地攻撃を目的として装備体系を保有しておらず、現時点では保有する計画もない」と述べている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2017年12月13日 11:19 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp